松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2009年02月28日

上高地  ウエストン祭

上高地の開山祭のお話は前回しましたが
その他にもイベントがあります。

ウエストンは日本アルプスを世界に紹介し
「日本近代登山の父」と呼ばれています。

そのウエストンを讃えてつくられた碑があり、毎年6月
第1土・日曜にはウエストン広場で碑前祭、記念山行
を開催しています。

上高地の自然に触れながらさまざまなイベントに
参加出来たらいいですね。

2009年02月27日

松本城  今年の催し

松本城の4月から12月までのさまざまな
催しの日程や概要が決まり今朝の新聞に
載っていました。

春から秋まで本丸庭園や松本城公園、太鼓門で
夜桜会や茶会、雅楽公演、月見の宴など松本城
ならではの風雅な催しが盛りだくさん!!

まずは夜桜会ですよね◎
ソメイヨシノの開花宣言の三日後から八日間
開催されます。

桜〜待ち遠しい・・・なのに今日の松本は雪がちらほら・・・

2009年02月26日

上高地  開山祭

ヤッホ−!
上高地の開山祭は4月27日ですよ〜♪

河童橋付近で行われ、毎年約2000人の人たちが
集まって上高地の開山を祝います。

アルプホルンの演奏をはじめ、山の安全を祈願する神事・
野外パ−ティをおこないます。

4月の終わりとは言えこの時期はまだ寒いので
防寒着が必要ですよ。くれぐれもお忘れなく。

まだ混雑しないこの時期、晴れた日であれば残雪の
穂高連峰が開山を一緒に祝ってくれることでしょう。


2009年02月25日

松本城  バス

松本城へは便利な松本周遊バスで!
松本駅から徒歩でも15分から20分で行くことが
出来る松本城ですが、城下町の散策には是非
可愛らしい姿のバス、タウンスニ−カ−を!

以前は市内一律100円でしたので、「100円バス」
なんてまた、勝手に私は呼んでいましたけど・・・
今は松本城まで190円バス(笑)です。
所要時間は6分ほどです。

松本城の周辺には民族資料館、旧開智学校や旧司祭館
など見所もいっぱい!

タウンスニ−カ−に乗って松本城をはじめ、
外せない観光スポットをチョイスした定番の
〜松本1dayモデルル−ト〜もおすすめです。

2009年02月24日

上高地 バス

以前にもコチラでご紹介させていただいたかもしれないのですが・・・

シーズン中は上高地へマイカーでは入れません。
これは、上高地の自然保護を目的としておりますので、
ご協力お願いします。

それでは、どうしたら良いの?
とお思いの方、平湯駐車場か沢渡駐車場にてお乗換えとなります。
駐車場から、シャトルバスまたはタクシーをご利用いただけます。

又、もともと「車では行かないよ〜」という方、
松本駅からシャトルバスにご乗車いただけます。
時間にして1時間40分程で、上高地に到着します。

松本ウエルトンホテルでは、
昨年、好評いただいた「上高地往復チケット付プラン」を
ご用意する予定です!
これは、バスの往復チケットが付いていますので、
チケット買う手間が省けますよ。
もうすぐ(?)ですので、
首をなが〜くしてお待ち下さい。


2009年02月23日

松本城  太鼓門

松本城二の丸の正門・太鼓門枡形は天守が
築造された翌年の文禄4年頃に築かれたもので、
一の門と二の門とからなり、その間に枡形が造られて
いました。

新しくなった太鼓門を10年ほど前に見たのですが
柱や壁はまだピカピカでした。まるで新築の木造家屋の
ようでした。もちろん太鼓があり叩けますよ♪

太鼓門は80円の切手にもなっていますので
松本城を訪れた記念にいかがでしょうか。

2009年02月22日

上高地  自然に触れる 

上高地のシンボル、河童橋付近から眺める
穂高連峰。橋の上からと川原からと、さまざまな
角度から見るとまた、違った表情が見られます。

散策路に沿って流れる梓川はまさに清涼そのもの。
川原に下りてその清らかで冷たい水に手を浸して
見てください。(何十年も昔、ここで子供とおにぎりを・・・・)

上高地バスタ−ミナル→河童橋→ウエストン碑→
中の瀬園地→田代橋→田代池→大正池→バス停大正池

これが上高地自然研究路コ−ス(徒歩1時間10分)
でした。

2009年02月20日

松本城  雪姿

今朝の松本は昨夜からの雪でまっしろ!
と思いきや、朝方からは雨が音を立てていました。

松本城
そっと見てきたのですが、雨で重たい雪が天守閣に
積もって雪化粧・・・・
松本城の黒と雪の白がとてもきれいでした。

内堀に揺れて移る姿は思わず足を止めて
見てきてしまいました。

今年は雪が少なく、なかなか雪の松本城を見られ無かった
のですが、今朝は良かった♪

・・・先日松本城の梅がほころびはじめたらしいのですが
また冬に戻っちゃいましたね・・・・・

2009年02月19日

上高地  散策の前に

上高地に到着したら、立ち寄ってみては?
1 上高地インフォメ−ションセンタ−
    登山相談所や県警派出所も兼ねていて無料の
    休憩所にもなっています。玉石で作られた柱や
    木造建築も、自然との調和を大切にしている事が
    伺えます。

2  上高地観光センタ−
     上高地バスタ−ミナルにあり旅館組合案内所や
     情報コ−ナ−、手荷物預り所、売店、食堂などが
     入っていて周辺の情報収集には最適ですよ

まだまだ知っておくと散策が2倍楽しめるところも
あるので、またそっとお教えしますね。 

2009年02月18日

松本城  天守閣

松本観光でまず名前が挙がる名城。現存する
5層6階の天守閣としては日本最古です。

6階といっても3階部分は外からは見えません。
上って行くと何回にいるのか分からなくなりますよ。
子供の頃不思議でしたね。

天守閣内には随所に鉄砲座間や石落としなどの
仕掛けが見られ、火縄銃などの展示もあるので
当時の様子を思い描きながら上ってみてはいかがでしょう。

5階部分は現在展望スペ−スになっていて
北アルプスや松本市街など四方の眺望が楽しめます。

2009年02月17日

上高地  河童橋

上高地のシンボル!
上高地と言えば真っ先に思い浮かぶのが
ご存知、河童橋ですよね。

その昔、着物を頭の上にのせて川を渡る人が
そう見えたのでしょうか。
この付近で標高1500Mあります。雄大な穂高連峰を
臨むには絶好の場所です。

芥川龍之介の河童橋周辺を舞台にした風刺小説
「河童」は有名ですね。

上高地バスタ−ミナルに到着したらハイキングマップや
バスの時刻表などの基本情報は周辺の
インフォメ−ションセンタ−で手に入れておくと便利ですよ。

2009年02月15日

松本城  その姿から

松本城
黒と白のコントラストが美しい松本のシンボルです。
黒いから私は「からす城」と言っていたのですが
本当は烏城(う)城と言います。

それは天守閣が黒の下見板(したみいた)張りと
なっていることから来ているようです。

松本城では一年を通してさまざまなイベントも行われて
いますので、季節にそった楽しみ方も出来るでしょう。

今年は桜も早そうですし・・・・

2009年02月14日

上高地  雪崩

冬の上高地は入山する人が年々増えてきています。
以前は限られた人のみが入っていたのですが、
雑誌などで冬の美しい風景が紹介される機会が増え、
スノウシュ−で雪原を散策したりテント泊をする人が
目だって来ています。

一年を通して美しい上高地ですが春先は特に雪崩の
危険性も十分あるのです。
釜トンネルから大正池までの道路わきの斜面は要注意!

決して美しいだけではない冬の上高地。
だからこそ魅力があるのですが・・・。

2009年02月13日

松本城  国宝

江戸時代、城下町として栄えた松本。

街並みはその時代を感じさせる面影を残しながらも
新しく芽生えた文化ともマッチしています。

松本城
数ある日本の城郭の中でも国宝に指定されているのは
4つのみです。
築城役400年の歴史は城内もほぼ戦国時代のまま
と言う貴重な城です。

天守閣へは筋肉痛を覚悟で是非上ってみて!
松本城の階段は歩幅が広くやや大変・・・(横に補助階段も付いています)

2009年02月12日

上高地 アクセス2

上高地に行くにはマイカ−派は沢渡まで・・・
では松本から電車、バスでのアクセスを簡単に。

松本駅〜新島々(終点)までは松本電鉄上高地線
約30分で到着  2両編成のかわいい電車です♪
新島々〜上高地バス停までは路線バスに乗ります。
沢渡、中の湯などを経由して約70分・・・・到着です。

昨日平湯温泉に行ってきました。
釜トンネルから左の方向へ10分、安房トンネルをぬけると平湯です。
釜トンネルは大きな鉄の門が閉まっていて1台のタクシ−が
大きな荷物と一人の登山者を運んで来たところでした。
そしてゆっくりと静かな雪の上高地に入って生きました。

釜トンネルの上からは雪解け水が氷の柱になって梓川に何本も
突き刺さっていて、しばし車を止めて見てきました。

2009年02月10日

上高地  アクセス1

ご存知のように上高地は
マイカ−規制なるものがあり、車で直接アクセスが
出来ません。車派の皆さんは沢渡(さわんど)で車を預け
路線バスに乗り換えます。

この沢渡に朗報!!

シ−ズンは仮設トイレに観光客の列が絶えません。
いざ、上高地へ→と言う前に済ませないと落ち着きませんよね。
そこで「環境省長野自然環境事務所」と言う長〜い名前の
方々が、沢渡の駐車場に大型の公衆トイレを設置する・・・とか。
来年度のお話です。

とにもかくにもスッキリして、出発出来るって分けです。ヤッホ−!

ちなみに昨日の美味しいケ−キは
五千尺ホテルの5HORN で食べられま〜す。
(松本はパルコ店で)


2009年02月09日

上高地

昨日は雪の上高地に欠かせない「スノ−シュ−」!!
私が好きなのは「ベビ−シュ−」?これは
松本の老舗洋菓子屋さんの一口サイズのシュ−クリ−ムです(*^。^*)
いくつでも食べられちゃいます♪

今日は上高地の甘〜いお話です。

上高地 今は閉鎖の宿やコ−ヒ−ショップですが
たくさんの素敵なお店があります。
中でもアメリカンタイプの美味しいケ−キのお店がおすすめです。
ビッグサイズで甘さ控えめ・・・・・美味しいです!

それがなんと松本の町でも食べられるんですよ。
若い頃から通ってました・・・私
上高地の澄んだ空気の中で食べるのは最高ですが
さむ〜い冬はショッピングのついでに立ち寄ってみても・・・・

厳しい冬の上高地。今日は一息ついて・・・ホッ

上高地の交通機関開通まで
あと         73日です。

2009年02月08日

上高地 スノ−シュ−

冬の上高地。
釜トンネルからは何が何でも徒歩!
なれない雪の上は、なかなか歩きにくいものです。
そこで登場するのが「スノ−シュ−」

簡単に言うと「洋式のスペシャル カンジキ」ですかね。
私は今日まで「かんじき」と言ってました。。。誰に言ってたんでしょうか(笑)

自分の足より一回りくらい大きく、金属のスパイクが付いています。
その為、雪に埋もれにくく、氷の上でも滑りにくい!
上高地の冬は雪深いですからね、これなら安心です。
また、スキ−やスノボのように専用の靴も必要ありません。
たいていの靴に取り付け可能!便利ですね♪でも・・・パンプスだけは(汗)
いませんよね、そんな方は。だって夏でも冬でも上高地!
身なりも行動もマナ−を守って楽しく歩きましょう。

そんなこんなで今日は雪の上高地には優れた
「スノ−シュ−」のお話でした。

上高地の交通機関開通まで
あと         74日です。

2009年02月07日

上高地 雪の森

冬の上高地。
そこはシ−ズン中とは別世界、厳しい大自然が待っています。

今日は自然豊かな雪の森のご紹介

さる、リスはもちろんカモシカも近くで見ることが出来るんです。
きつねやウサギも可愛いですよね。
足跡を追跡したくなりますよ。
そして、なんといっても厳しい冬の上高地にしっかりと根を下ろしている
雄大な木々です。シ−ズン中は入れない森林も冬なら大丈夫!

ぴ-んと張り詰めた冷たい空気が身も心もひき締めてくれるでしょう。
でも、気をつけなくてはならないのはお天気ですね。
山の天気は変わり安いですから。。。あっ!女心もですが(笑)

上高地の交通機関開通まで
あと        75日です。

2009年02月06日

上高地 冬

上高地の観光シ−ズンは4月下旬〜11月中旬です。
冬季は閉山しており、
釜トンネルから上高地の間の道路は閉鎖されてしまいます。
食事処や宿泊施設も休業しているようです。

なかには冬季に上高地へ行かれる方もいらっしゃいますが、
冬の上高地は、条件によっては冬山と同じ状態になるようなので、
必ず経験豊かなプロのガイドさんと同行してください。

冬山と同じ状態と言われると、少しビビってしまいますが、
経験豊富なガイドさんがいれば安心ですね!
ちゃんとガイドさんの指示を聞いて、楽しみましょう。
日帰りでも入山届けを出すようにして下さい。

2009年02月05日

上高地

初めまして。
この度、この『周辺案内』なるものを作成しました。
こちらでは、松本周辺情報を
発信していけたらと思います。

役に立つもの、
そうでないものもあるかと思いますが(苦笑)
よろしくお願いします。

昨年は、松本ウエルトンホテルでも
『上高地のチケット付プラン』が
ご好評をいただいておりましたが・・・

あのミュシュラン発行の旅行ガイドブック
「MICHELIN Voyager Pratique Japon」で、
上高地は二つ星を頂いていたとか☆☆
ミュシュランとは、あの「ミュシュランガイド東京2008」
で何かと話題になったミュシュランです。

今年の『上高地』がどんな表情をみせてくれるのか
今から楽しみですね♪

上高地についてはコチラ


上高地の交通機関開通まで

あと 77日 です。

 

Copyright c 2015 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb