松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2013年12月30日

短時間で散策

気づけば既に年の瀬・・・残すところ2日。巷では
景気の良い話も聞きますが、ここだけ?は兆し無し!

今年、松本市内の年末年始状況は最も悪い様子で、
私がホテルに来てから7年目になりますが、最悪の
状態です。
大型連休で海外をはじめ、遠くに行かれる方が多いと
言うことですが、信州松本はどのあたりの県から
遠いとなるのでしょうか。町の中は閑散としています。

そんな中、松本に来られた方のために、短時間で
散策できる所をご紹介。

松本城
築城400年を超える信州を代表する松本城。天守からは
松本の街や美ヶ原、北アルプスが見渡せます。近くには
旧開智学校もあります。

大王わさび農場
東京ドーム11個分の広さを持つ大王わさび農場。敷地
内にはレストランもあり「わさびソフト」が有名です。
わさび漬けやキャンドル創作などの体験も可能です。

白骨温泉
乳白色が特徴の白骨温泉。身体の内側からも自然治癒力
を高める効果もあり、1年に何度も訪れる人が多いのが
特徴です。標高が高い所に位置するため、鳥のさえずりや
自然の美味しい空気を味わうことができます。

諏訪湖
長野県のほぼ中央に位置する諏訪湖。明治期よりスケート
が発達し、日本のスケート競技の発祥の地としても知られ
ています。湖面が全面結氷する御身渡や夏の花火大会は
全国的にも有名です。

近くで観光できる所はまだまだありますが、夏とは違い
信州の冬を感じるにはどちらも最高だと思います。

今年最後の勤務となり周辺案内も今日が最終となります。
一年間有難うございました。また松本ウエルトンホテルを
ご利用いただきました多くのお客様に感謝します。
来年もスタッフ一同一層の努力をし、お客様に喜んで
頂けるホテルを目指しまのでよろしくお願い致します。

2013年12月29日

二つの石

氷点下6℃・・・今朝6時の気温です。寒かったですが
風邪もあり車のフロントガラスは凍ってはいません
でした。明るくなってもカーテンを開けると寒いので
部屋が温まるまでは暗い中に(笑)

DSC_0738.jpg DSC_0888.jpg

どちらの石も「牛つなぎ石」です。しめ縄がしてある
方は松本市のもので以前も何度か紹介しています。
一方は池田町の中心街を南北に通り抜ける主要地方道・
大町明科線の西側歩道にあります。
松本の石とは違い茶色っぽいけど灰色?でしょうか。

中心街はかつて松本城下と日本海岸の糸魚川を結ぶ
塩の道・千国街道の宿場として栄えました。江戸初期
松本藩主・戸田康長は隠居用の城をここに築こうと
して、実際に着工させましたが跡継ぎが亡くなり途上
に終わりましたが、実現していれば一万五千石の藩が
生まれ、北安曇の歴史は大きく変わっていただろうと
言われています。

山と海の産物を運ぶ牛や馬をつなぎとめたとされる石
にはもう一つの昔話があるそうです。
若い衆が競い合って力試しをした「力石」が各地に
残っているが、これもその一つであろうという説です。

松本と池田町の二つの石は今でも大切に祀られ、当時を
語り継ぐ大切な石となって残っています。
 

2013年12月28日

1月のイベント

スーパーなどはおせちの材料が並びお正月ムード
満載です。ほしいものがいつものところには無く
場所が変わっていたり・・・。
毎日出勤していると大掃除もおろそかになりがち。
まっ大人二人だから今年もいいかな〜で終わります。

年明けから松本市内の行事やイベントも数多くある
ので、寒い寒いと炬燵に入ってばかりいないで家族で
出かけてみてはいかがでしょうか。

二年参り・初詣は市内各地の神社や寺で行われます。
家内安全や交通安全祈願など年の初めに心身を清め、
幸せに暮らせるように願いたいものです。

1月11日・12日は松本市中心市街地においてあめ市が
開かれます。12日午前10時半から午後3時半までは
歩行者天国となります。時代行列、全国飴博覧会・
即売会、塩取り合戦、子供たちによる福だるま売り
など楽しい事がたくさんあります。

1月25日午前10時〜26日午後4時まで松本城公園にでは
「国宝松本城氷彫フェスティバル」が開催されます。
全国氷彫コンクールは国内外の10チーム余りが25日の
午後6時〜製作に入ります。ジャンボ滑り台、獣電戦隊
キョウリュウジャーショー、市内外の特産品を使った
ご当地鍋や汁の販売もあります。

2013年12月27日

健康で暮らせる喜び

今年もあと4日となりました。大掃除で忙しい主婦、
明日から休みで子供と過ごすお父さん。昔ほどしきたり
にこだわらず、家族で過ごせることが何よりです。

長野県は平均寿命が男女とも全国1位の長寿県です。
松本市の平均寿命は男性80.8歳、女性87.3歳とのこと
ですが、これからは健康で自立した生活をできるだけ
維持していく「健康寿命」を延ばすことが大切です。

私の親もすでに平均寿命は超えているので、自分も長生き
するのかとは思っていますが、健康でなくてはいけません。
来年はそろって年金をいただく年になったことが、実感と
して有りません。受け入れたくないのかも・・・。

こうして働く場所があり、決まった生活のリズムができ
ている事が当たり前になっていますが、何時どうなるか
なんて誰もわかりません。

長寿県である長野県にせっかく暮らしているのですから
自分の体にもっと関心を持って、無理なく健康維持に
努めたいと思います。

先日松本空港の近くに遊びに行ったのですが、2時間くら
いかけて飛行場の周りを歩きました。山もきれいでしたが
ちょうど12時35分発の札幌行きが離陸するところでした。
あの日はブルーの飛行機でしたが、そういうことが楽しめ
る環境にあることがいいですよね。
孫と犬と(主人もですが)一日楽しく過ごすことも健康だ
からです。

2013年12月26日

イベント各種

普通に出勤してきますが今年も残りわずかです。
明日は多くのところで御用納めかとおもいますが
9日間の長い休みに入るんですね。羨ましい限りです。

松本市内田の重要文化財馬場家住宅は1月19日まで、
企画展「松本地方の御柱展」を開いています。
内田地区をはじめ、松本平や、安曇野の各地に伝わる
御柱は毎年1月、五穀豊穣や家内安全などを願い、
五色の色紙で飾られた柱を道祖神の傍らに建てる祭り。
企画展では29ヵ所の御柱を写真などで紹介しています。

関連事業として1月14日正午ー午後4時、市の重要無形
民俗文化財に指定されている「内田のおんべ祭り」と、
周辺に立つ御柱を数か所回る見学会を開きます。
4日から電話で申し込みを受け付けます。

また、野麦峠と乗鞍ではシニア&レディースキーの集い」
を1月・2月野麦峠スキー場とMt乗鞍スキー場で開きます。
熟年層や女性を中心に、健康増進やスキーの楽しさを
再認識してもうとともに、松本のスキー場の活性化を
めざし手の企画です。申込みは各スキー場へ。

大王わさび農場では「新春恒例縁起投げ餅」が1月1・2日
午後1時半から行われます。
会場は大王わさび農場内「レストラン大王」前の広場です。
年男年女が餅やご縁(5円)玉、豆菓子などの縁起物を
投げます。「名物紙芝居」の上演もあります。

各地で新年から様々なイベントが行われます。その年が
良い一年になるようにご家族でいかれてみてはいかが
でしょうか。

2013年12月25日

木曽11宿を訪ねる

今朝も氷点下4℃と昨日同様冷えた朝でした。冬至が
過ぎこれからはやっと少しずつ日が長くなって5時でも
明るくなってきます。昨日は晴れていたせいもあり、
いつもは真っ暗だった5時に、遠く美ヶ原が見えて
嬉しくなりました。

長い冬に入った木曽路。宿場町の街並みが今も残って
います。かつて多くの旅人が往来した旅籠の雰囲気を
今に伝えています。御岳山と中央アルプスに抱かれた
谷間の雄大な自然も木曽ならでは。
木曽谷には薬効あらたかな冷泉が数多く噴出しています。

木曽11宿とは、江戸と京都を結ぶ街道の一つであった
中山道の内、急峻な木曽谷を通る街道部分(木曽路)に
ある11の宿場町の総称として使われています。

木曽11宿は、中山道において、当時の宿場町の面影を
最も良く残しています。島崎藤村の有名な小説「夜明け前」
にその様子が描かれており、ここを訪れる旅人の多くが
江戸時代へタイムスリップしたようだと感じます。

雪の宿場町も風情豊かで心落ち着く場所となることでしょう。
冷えた身体を癒してくれる温泉もたくさんありますので
次回の紹介としましょう。

2013年12月24日

安曇野の温泉

安曇野市穂高有明にある中房温泉。
全国各地から温泉愛好家たちが集まる歴史ある名湯。
源泉がいたるところから噴出している源泉かけ流し
100%の山奥の秘湯です。

標高1400mを超える高地に立つ中房温泉は、正確な
湯量がわからないほど豊富です。しかも温度が高く
源泉は湯口が36ヵ所以上あり、月見の湯、薬師の湯、
白滝の湯などおふろの数は14を数えます。

そのうち日帰り入浴が可能な露天風呂「湯原の湯」
では、72時間蒸し上げた地熱蒸し卵、水出しコーヒー
をいただくことができます。
(ここは4月から11月までの営業となります。)

雪深い為冬期の営業はないのですが、中房から湯を
引いてきているのが穂高温泉郷なので、穂高の温泉も
源泉かけ流しがたくさんあります。

冬の冷えた身体にしみる安曇野の温泉。じんわりと芯
まで温まると、心が豊かになったような気がします。

2013年12月21日

安曇野隠れスポット

今日から3連休と言うことでお出かけの方も多いかと
思います。寒い時期ですが小さい子供さんがいると
家の中ばかりいられませんね。

冬の安曇野の紹介を昨日からしていますが、白鳥を
見に行ったり、イルミネーションを見に行ったりと
けっこう寒いですが行くところがあります。

安曇野のイルミネーションと言えば「国営アルプス
あづみの公園」は有名ですよね。私も何度かいきます。
少し遠いな・・・と思われる方におすすめなところは
「ビレッジ安曇野」です。
以前たまたま立ち寄ったのですがすっごく良かったです。

また、「八面大王足湯」のイルミネーションも足湯に
浸かりながらのんびりと見る事が出います。
残念なことにここは今年で終わりになるということです。
ぜひ行ってみてください。

春は登り竜の桜で有名な「光城山」。
ここのイルミネーションは白鳥をかたどっています。
犀川の白鳥湖と御宝田の白鳥が100羽超えたら点灯され
ます。
山に浮かぶ白鳥のイルミネーションを背景に、麓の
スイス村を写した写真は面白いものになりそうですよ。

2013年12月20日

冬の安曇野で楽しむ

今は細かい雪が降っている松本です。松本はそんなに
雪が多く降ることはないのですが、毎日ちらちらも
嫌ですね・・・。

安曇野は春から初夏が爽やかで、観光地としてもっとも
賑わうのですが、冬もまた楽しみがあります。
今の時期空気が澄んで、北アルプスが一番美しい!少し
さみしい・・
でもどこか温まる安曇野の冬を楽しみましょう。

☆御宝田遊水池の白鳥(安曇野市明科御宝田)
安曇野の冬のイメージは白鳥でしょう。御宝田遊水地は
毎年多くのカメラマンが訪れる人気のスポットです。
御宝田遊水池以外でも白鳥が飛来する場所がありますが
ここは何といっても雄大な北アルプスを背景に写真が
撮れるため人気が高いのです。
国道19号からも標識が出ていますしわかりやすいです。
今年は12月上旬には約40羽が飛来。毎年多くて千羽近く
の白鳥が飛来します。

☆安曇野わさび田湧水群(安曇野市穂高)
夏でも蓼(たて)川や安曇野わさび田湧水群の清らかな
水は良いものですが、冬は冷気が漂って、川面から霧が
上がるさまはまた格別です。特に水車小屋近くは、夏と
ちがい観光客が少なる上、明け方からの切が上がる瞬間
はとても良い写真が撮れるんです。

観光客が少ない今、冬には冬の自然をこっそり楽しんで
みてはいかがでしょうか。

2013年12月19日

安曇野アートヒルズ

今も松本は雪が降っています。今年初めての積雪で
今朝は3センチほどありました。途中雨交じりで雪は
消えたのですが、また振ってきました。通常より早く
家を出たのですが、大渋滞でした。

安曇野市穂高有明の安曇野アートヒルズミュージアム
では22日に「キャンドルナイト2013」を開きます。
同館の玄関や庭の一部を約600個のろうそくで飾ります。

今回は参加費200円のチャリティーイベントといし、
訪れた人が点火できるのだとか。
参加費はすべて病気や戦争で傷ついた子供たちを支援
する子供地球基金(東京)に寄付します。

子ども地球基金はNPO法人が運営。子供に画材を提供し
心の奥に思いを描く「アートを通じた心のケア」に力を
入れています。

Xmasも近いですから柔らかなキャンドルの灯で心温まる
時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

2013年12月18日

冬の上高地

松本ICから車で約40分、沢渡からはバスかタクシーに
乗り換えて約30分。これは年間200万人が訪れる日本を
代表する山岳景勝地でだる上高地。
毎年4月の開山祭の少し前から11月の閉山祭までが開山
期間で、マイカーが入れないため排気ガスもなく、整備
された遊歩道から穂高をはじめとする3000m級の山々を
まじかに望むことができます。

閉山後の冬期間は雪山を楽しむ方などが入山します。
この期間に入山する方たちにゴミの放置や湿原への立ち
入りのルール違反をしないように求め、上高地入り口の
釜トンネルに看板などを設置したそうです。

昨年冬の利用状況を調べた結果、し尿の痕やゴミの放置
はその前より多くなっているのだとか。
中でも最も多いマナー違反はし尿の痕だそうで、続いて
立ち入り禁止の湿原、ゴミの放置となっています。

12〜13年の入山者が多い日では一日に200人前後と言われ、
安易に入山する人がいる状況は変わらないそうです。

夏山でも冬山でもマナーは一緒だと思います。上高地の
大自然を守る人がいるからこそ世界的にも誇れる景勝地
であるのです。一人一人のマナーを守る気持ちが大切だ
と思います。
そしてまた、来年の開山祭を気持ちよく迎えたいと思い
ます。

2013年12月17日

光の回廊

松本市中心部の本町から千歳橋、大名町へと松本城を
結ぶ大通りで14日、一斉にイルミネーションの点灯が
始まりました。「冬の光の回廊」をイメージした初の
企画です。
幻想的な明かりで、落ち込みがちな夜の観光を町中に
呼び込むのが目的です。

本町は千歳橋までの約300m、街灯38基に乳白色の電飾
約25000球を吊り下げました。

大名町は「煌めきの並木道」と題し、松本城から千歳橋
までの約270mの街路樹24本に約72000球の発行ダイオード
を飾りました。

冬の光は心が落ち着きますし暖かみを感じます。見た人が
笑顔になって、松本の夜をもっと楽しめたらよいと思います。
点灯は午後5時から翌午前0時、大名町は午後10時までです。

この時期は郊外では有名になっているイルミネーションが
多くありますが、街なかの柔らかい光も素敵だと思います。
長い夜の過ごし方としてご家族でお出かけになっては
いかがでしょうか。

2013年12月16日

湧き水で潤う

先日銀行に行った帰りに松本城の近くにある
「大名小路井戸」のところに観光客がたくさんいて
湧き水で手を洗ったり、のどを潤したりしていました。
少し寒いのですが空気が乾燥している時期ですので
うがいや手洗いにも使われているんですね。

国宝松本城と同じくらいに自慢できるものと言えば
市街地の湧水でしょうか。「まつもと城下町湧水群」と
して、環境省の「平成の名水百選」に平成20年に認定
されました。扇状地にある市街地には、東の美ヶ原系
の伏流水が豊富に湧き出ています。

地名に「清水」や「源池」とあることからもあちこちに
湧水や井戸が点在し美味しい水を汲みに来る市民の姿が
後を絶ちません。
湧き水は柔らかくて美味しい!!味噌つくりやそば打ち
などにも重宝がられています。

城下町の歴史と共に人々の暮らしの中に溶け込んでいる
湧水群を散策してみましょう。

2013年12月13日

松本市美術館

冷たい北風が吹き荒れています。
クリスマスのにぎやかさに比べニュースでは子供の
オンラインゲームの相談が急増!などとあります。
今の子供が欲しがるものはゲーム関係がおおいですね。
親がきちんと管理して遊ぶようにするなど、家族で
しっかりと話し合いが必要と思います。
孫のXmasプレゼントもゲーム機と言われたのですが、
まだまだお金の価値も知らないうちに高価なものが
良いとは思わないのでとりあえず2番目にほしいもの
にしました。サンタさんを信じているうちですから。

松本市美術館では第63回写真県展の松本会場展が12日
から始まりました。
自由作品、ネイチャー作品、組み写真、学生の各部の
入賞・入選作品計303点と、県写真連盟役員の招待作品
4点を展示しています。

雪や氷で曲線模様が浮かび上がった木崎湖の湖面、小谷
村で湯根に積もった雪を降ろす人など信州独特の風景の
写真が目を引くそうです。
また、家で宿題をする子供たちなど日常生活を題材に
した作品もあるそうです。

寒いからと大人が家の中にばかりいると子供も一緒に
なって家の中でゲームなどをしてしまいがちです。
時には子供を誘って冬のにぎやかな市内を散策したり
家族で美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。
12月15日までです。

2013年12月12日

スキーと温泉

冬はなかなか外に出て遊ぶことが少なくなりますが
やっぱり信州にいたらスキーやボードなど雪遊びは
したくなります。
私もこの年になっても孫を連れて一回は雪遊びに
行きますよ。子供は雪の中を走り回り雪だるまの如く
転げまわります(笑)その時期しかできない遊びをさせて
あげたいと思います。

☃やぶはら高原スキー場 20日OPEN
木曽エリア最大級。初心者も上級者もファミリーも
楽しめるスキー場です。全長3.6`、バリエーションも
豊富で全部で13コース有ります。アクセスも国道19号
から約10分ですから気軽に行けます。

☃きそふくしまスキー場 21日OPEN
こちらはファミリー、シニア向けのゲレンデが充実して
います。滑走可能な距離は4600m、標高差700mです。
ボード禁止のスキー場ですからスキーヤーオンリー。
安心してスキーが楽しめます。

♨やまゆり荘
開田高原内の天然かけ流し日帰り温泉です。御岳明神温泉
と呼ばれ御岳山の麓、標高1400mの場所から湧き出ている
温泉です。47度と若干熱めの温泉ですがかけ流しですから
心地よいこと間違いなしです。

♨ゆーぷる木崎湖
北アルプスの懐に抱かれた、大町市木崎湖畔のスパ&
リラクゼーションスポットです。ゆったり、のんびり天然
温泉の風情豊かな天然温泉を楽しめます。
温水プールやトレーニングルームもありますから、心も
身体もリフレッシュできるレジャー施設です。

2013年12月11日

過ごしやすさに思うこと

冷たい風が吹き落ち葉が渦巻くホテルのエントランス。
玄関には枯葉が舞い込んで大変な時期です。今朝は
どこからか猫まで舞い込んで(迷い込んで)来ていました。
ぷっくらと太った猫はどう見ても野良ではなく、首輪が首に
埋もれていました。暖かいところを知っているんですね。

昔に比べると温暖化が進み冬もずいぶん暖かく過ごせる
この頃です。
松本市内では1校のみとなってしまったという校庭スケート
リンクが今準備段階だということです。子どものころは
冬休みの遊びとして当たり前のように校庭スケートリンクに
通っていました。しかも下駄スケートでしたが・・・。
雪も山ほど降り、雪かきが子供の仕事?の様でした。
当時から比べると何と暖かく快適な冬なんだと、思うのは
ここでは私だけでしょうね(笑)

良いことばかりではありません。高い山の氷河が溶けだし、
海水が温められて膨張することで海の水位が高くなって
しまいます。ゼロメートル地帯が広くなるってことです。
台風の数が増えたり自然災害の増加・・・。
食べ物だって日本の気候に合うように改良されたものが
合わなくなって病気や害虫の被害にあう。

考えてみると様々なことが浮かびます。昔のように暑い時は
暑く、寒い時季は寒く!が一番ですが究極の環境問題ですね。

エコドライブ、エコ生活・・・取り組み方は様々でも多くの
方は取り組んでいることだと思います。
暖機運転の時間が増えたり、積雪などでの渋滞で自動車から
温室効果ガスが多くなる冬。
温熱便座や、エアコン、炬燵、ファンヒーター等々、今自分に
できることを進んでやれるとこが大切です。ホテルでもできる
事から始めています。
当たり前になるとなんでもないことなのです。

2013年12月09日

松本市美術館

DSC_0808.jpg

         DSC_0807.jpg

今朝の松本は氷点下4℃と一段と寒い朝を迎えました。
朝日が当たり光って見える穂高連峰と朝焼けの蝶ヶ岳、
常念岳 あたりです。キーンと冷えた朝はアルプスが
一層綺麗ですね。

松本市美術館ではXmasコンサートやダンス、オペラなど
楽しめる企画がたくさんあります。

12/10 ザ・アイリッシュダンス
   世界に大ブームを巻き起こした「アイリッシュダンス」
   が再来日「ジリーズ」と呼ばれる編上げのシューズに
   ガラス繊維で作られた靴底がケトル音楽に合わせ、
   激しいダンスと歌声・演奏でステージを沸かせます。
   19:00〜主ホールSS席6500円・S席5500円・A席4000円

12/11 N.Yハーレム・シンガーズXmasコンサート
   世界中でゴスペル旋風を巻き起こしている
   N.Yハーレム・シンガーズが今年もクリスマスの
   季節にやってきます。パワフルな歌声と美しい
   ハーモニーを駆使したエキサイティングなライブです。
   19:00〜主ホール 一般4000円・高校生以下2000円

12/23 「カルメン」
   2007年に待望のスタートを切り、2012年の「魔笛」では
   佐川吉男音楽賞などを受賞した松本市民オペラです。
   14:00〜主ホールSS席10000円・S席7000円・A席5000円
   B席3000円

何かと忙しい年末では有りますが、ちょっと気こちにゆとりを
もって、ご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

2013年12月06日

冬は雪遊びA

今日は白馬岩岳スノーフィールドをご紹介します。
松本駅の近い松本ウエルトンホテルより車で1時間
30分ほどにある白馬岩岳スキー場は大自然を生かした
コースが25もあり、毎年多くのスキーやボードの方で
賑わいます。

数々のイベントも有り家族で楽しめる所が喜ばれて
いるようです。

12/31(火)岩岳カウントダウン
2013〜2014へのカウントダウンを盛大な花火で!!

2014岩岳感謝祭
2/7(金) 大釜豚汁や樽酒の振る舞いサービス。
     抽選会、塩の道太鼓の演奏や餅つき!
     雪だるまコンテスト等

1月〜3月までの毎月第3日曜日はキッズスノーストライザー
試乗会やミニレース、スノーラフティング体験等

スノーシューハイキングも1/6〜3/23までやっています。
初めての方でもしっかりレッスンしてくれるスクールは
4歳から大人まで、グループでも利用できます。

こちらでも遊び疲れた身体を癒してくれるのはやはり
温泉です。白馬塩の道温泉「岩岳の湯」。
ゴンドラ山麓駅から200mのとことにありますから
すぐに温まることができますよ。

冬には冬の楽しみ方を見つけて外に出てみましょう。
スキーをしなくても楽しめると思います。

2013年12月05日

冬は雪遊び

天空のスキー場乗鞍リゾートはなんと松本市なのです。
市内からは若干離れますがスキーや雪遊びにぴったりの
スノーエリアです。

乗鞍岳の麓に広がる大自然が作り出すダイナミックな
コースと雪質が自慢です。
Mt.乗鞍の雪は、スキーヤーもボーダーもそしてFamilyも
みんなが喜び笑顔で楽しめる・・・・抜群の雪です。

初心者から遊べるレイアウトのスノーパークは楽しさ
満載!!キッズパークの「のりくランド」は子供と一緒に
なってそりやチュービングなどが楽しめ大人だって雪まみれ。

遊んだあとのお楽しみはなんといっても温泉でしょ(笑)
湯けむり館は遊んで冷えた身体を温めてくれる日帰り温泉。

そのほかホテルやレストランもあるのでご家族みんなで
楽しめます。スキーやボードをやらなくても一度は行って
観たい天空のスノーリゾートです。

松本駅にも近い松本ウエルトンホテルに前泊して遊ぶも良し、
遊んだあとに松本観光をしてゆっくり泊まって帰るも良し。
この冬は雪だるまになって遊んじゃいましょう(^O^)


2013年12月04日

松本市美術館

観光客が急激に減る冬。安曇野の美術館やギャラリーは
冬期間閉鎖する所が多くあります。今季はそんな安曇野
で冬期間も楽しめるように営業しようと運動をするよう
なことが昨日の紙面に有りました。

松本市美術館は冬期間も観光の方が楽しめるように
12月29(日〜1月2日(木)まで休業する以外は営業して
います。(休刊日は月曜日です)

12月20(金)〜3月23日(日)まで「モローとルオー」
〜〜聖なるものの継承と変容〜〜
モローとルオー、師と弟子との心の交流に焦点を当てた
世界初の二人展を開催します。

日本初公開となるモロー晩年の油彩画、ルオー美術学校
時代の作品、巡回作品に加えルオーの優品40点を追加
展示します。

展示に際し美術館館長が「松本市美術館の展覧会の愉しみ方」
として「モローとルオー聖なるものの継承と変容」をテーマ
にお話しが聞けるアートレクチャーがあります。

日時 26年1月11日(土)午後1時30分〜3時
会場 松本市美術館 定員 40人 料金 無料

寒い時期ですから外に出る機会も少なくなると思います。
時には美術館を訪れて趣味を広げてみてはいかがでしょうか。

2013年12月03日

冬囲い

太陽は出ているのですが風が冷たい松本です。
一年は早いものでもう師走。今年を振り返り
来年に夢と希望を託す・・・なんて昨夜の友人と
の会話です。
夢は叶えるためにあるもの・・・だれかの歌にも
有りますが叶えるためまた、頑張れる!

松本城では木々の冬支度が進んでいるそうです。
小笠原ボタンなど約40本に冬囲い「わらぼっち」を
かぶせ、落ち葉の片付けをしました。

わらの帽子・・・わらぼっちは樹木を保温し霜、
雪から守るためで造園業者と松本古城会の方が
協力して作業をしたそうです。

わらぼっちは頭部が様々な形に編み込まれていて
職人技を堪能でlきるといい、来年のえとにあわせ
馬の形をしたものもあるようです。

毎年恒例の風物詩で、松本古城会では15年前から
松本城の大切な樹木を守ってきています。

新春の本丸庭園無料開放に行かれる方は、冬しか
観られない光景を楽しんできてはいかがでしょうか。

2013年12月02日

お正月の松本城

12月に入るとなんとなく気忙しく感じられ、
まして「よいお年を・・・。」などと挨拶を
かわすと「えっ〜もうですか(笑)」てな感じで
一年は早いな〜と思います。

お正月の三が日は松本城の本丸庭園が無料開放
されます。年の初めご家族で松本城を訪れて
みてはいかがでしょうか。

日時  1月1日(祝)〜3日(金)
    午前9時〜午後3時

会場  松本城本丸庭園

内容  1日、2日/アルプちゃんと甲冑武者との
    写真撮影会
    3日/第23回国宝松本城新春開門式、国宝
    松本城古城太鼓の初打ち、紅白餅・ぐい呑みの
    無料配布(先着順)、お楽しみ抽選会、羽根つき
    コマ回し大会、甘酒・干支飴の販売など
    ※ぐい呑み・紅白餅は先着各1000個。
    ※開門前に黒門付近で8時30分頃から引換券配布

料金  本丸庭園のみ無料 ※天守には登れません。

駐車場 松本神社西側の開智駐車場を午前8時から
    午後4時30分まで無料開放

問い合わせ 松本城管理事務所

 

Copyright c 2015 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb