松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2014年02月28日

春のイベント

今日も暖かな一日となりました。
雪がどんどんなくなって嬉しいですね(^^)

春のウオーキングイベントのお知らせです。
残雪の北アルプスを見ながら清流梓川の河畔を歩く
梓川コースと、梓川の周辺にある美しい桜スポットを
巡る桜コースがあります。
体力に合わせて歩く距離を選ぶことができますから
どなたでも参加できます。

❍日程  4月19日(土)梓川コース(9キロ、20キロ)

       4月20日(日)桜コース(8キロ、15キロ、27キロ)

❍料金  事前申し込
       大人1500円、中高生500円、小学生以下無料
      当日申し込み
       大人2000円、中高生500円、小学生以下無料

❍事前申込み期限  4月5日(土)

❍申込・問い合わせ 松本観光コンベンション協会事務局
              

陽気なサルサダンスを体験しよう
ダンスが初めての方も大丈夫、南米のリズムに合わせて
楽しく踊りましょう。

❍日時  3月15日(土)午後2時〜3時

❍会場  Mウイング5階レクレーション室

❍定員  20人

❍料金  500円(資料、飲み物代)

❍講師  三根順子氏 ラテン・ダンス講師

❍申込・問い合わせ 多文化共生プラザ

暖かくなると自然と体も動き、外に出かけたくなります。
寒くて閉じこもっていた方もこの機会に楽しみましょう。

2014年02月27日

イベントあれこれ

今日の松本は小雨がぱらつくいやなお天気です。気温は高く
屋根の雪が解けて雨のように流れています。

各地で高校の野球部員が地域の雪かきをボランティアで行っ
ているという記事を目にし、ほほえましく思います。

ようやく少し暖かくなり
各地で様々なイベントが行われていますのでご紹介します。
雪も解けてきて外出も可能になりましたから最寄りの開場を
のぞいてみてはいかがでしょうか。

3月鵜1日午後6時半〜7時半、池田町池田のカフェ風のいろ。
天体望遠鏡でオリオン大星雲、木星表面のしまとガリレオ衛星、
プレアデス星団などを観望。冬の星座解説もあります。
悪天中止、要申込み(当日の午前10時から午後4時)

3月8日午前10時、午後3時、松本市教育文化センター。
トムとジェリー(勝利は我に・夢と消えた百万ドル・トムのガール
フレンドなど7話、52分)を上映します。
定員150人、申し込み不要

3月8日しばふコンサート、松本市キッセイ文化ホール。
子供むけおやつを食べながら、同館付属管弦アンサンブルの
演奏や読み聞かせを楽しむ会。

2014年02月26日

上高地線

今日は予報では13℃とか言ってましたが暖かな一日に
なりました。
屋根の雪やつららが解けて滝のように落ちてきています。
頭上注意!の立て看板が多く目につくのがわかる気が
します。

松本電鉄上高地線の電車内に、乗客が自転車を持ち
込めるサービス「サイクルトレイン」を、3月14日で取り
やめるそうです。
沿線住民の便利性の向上を目指し、平成17年のはじめ
ましたが、利用するに当たり手続きがやや煩雑なこともあり
利用者が低迷したことが理由だということです。

上高地線はシーズンになると観光客が多く、自転車を置く
スペースが無くなるのも理由のひとつです。
公共交通機関と排ガスを出さない自転車を組み合わせ
利用を促すことで自然環境に配慮するのも狙いでしたが
残念だと惜しむ声もあるようです。


2014年02月25日

宿泊

松本ウエルトンホテルは本日ほぼ満室となります。
昨日より大学入試があり、親子でまたは一人で
不安な日を過ごしておられます。

今日は暖かく朝は氷点下3度くらいでしたが、昼は
5度くらいありましたので、つららや氷の塊が溶け出して
います。

DSC_0975.jpg

            DSC_0977.jpg

ホテルのエントランスにある植木も自転車も氷ついて
いたのですが今日は解け出してきました。

本日は残り2部屋になりました。シングル喫煙とツイン禁煙
です。シングルは4500円、ツインはおひとり使用6000円で
ございます。
本日のお部屋がまだお決まりでない方はお早めにご連絡を
お願いいたします。

           

2014年02月24日

春の兆しA

まだまだ大雪の後片付けが済んでいない地域が
ある中、春の便りAをお届けします。

松本市ではまだ聞かれませんが辰野町の沢底で
22、23日、恒例の「福寿草祭り」が開かれたそうです。
一週間前はあたり一面銀世界だったのですが、日当たり
のよいフクジュソウ群生地はその後の晴天で一気に
雪が解けたようです。
遊歩道の雪かきも行き届き、陽光に輝く黄色い花々を
町内外の人たちが楽しんだそうです。

沢底区内の各種団体でつくる実行委員会は、大雪直後の
16日から雪かきをしたり、滑り止めにウッドチップをまいたり
し、準備をしてきました。

3月15日までは花の観賞期間としていますが、群生地近くの
入村ふれあいセンターでは、さまざまなサービスがあるようです
ので、一足早く春を感じに行ってみてはいかがでしょうか。

2014年02月21日

安曇野春の兆し

ただ今松本ウエルトンホテルでは男性社員が駐車場の
雪を片付ける作業をしています。
雪かき作業は業務をしながらなので、なかなか連続で
片付けることが困難です。お客様にご迷惑が掛からない
ように努めてはいるのですが長い間ご不便をおかけい
たしました。一週間たちましてようやく綺麗になりました。

多くの雪が残る中、安曇野市一体で冬を過ごしていた
コハクチョウの北帰行が20日、始まりました。豊科田沢の
犀川白鳥湖の数が減ってきていることから、昨年より9日
早いのだそうです。

安曇野市の主な越冬地の犀川白鳥湖と御宝田湧水池には
19日に550羽いたコハクチョウが、20日の朝には457羽に
減っていたそうです。

北帰行は例年4月上旬まで続くということです。白鳥たちが
旅立つ姿は無事にシベリアにたどりついてほしいと願うと
ともに春が近づいたのかとうれしくなります。

2014年02月20日

松本市音楽文化ホール

大雪と冬季五輪の話題が連日放送されています。
春はまだ先のことです。一歩外に出ると雪の山にうんざり
といったところでしょうか。
除雪が進まないと困るのですが、除雪車が交通の妨げに
なり市内は大渋滞となっています。

松本市音楽文化ホールでは6月28日に「ヴァレリー・
アファナシエフピアノリサイタル」が開催されます。
現代のカリスマピアニストが、シューベルト晩年の名曲を
奏でます。

アファナシエフは1947年モスクワ生まれです。68年に世界的
権威のあるバッハ国際音楽コンクール、72年にエリザベート
王妃国際音楽コンクールで優勝。特に難関のエリザベート
・コンクールで優勝した際は「まるでクリスタルのような音色
を響かせた」と語り継がれ、大胆な演奏をするピアニストと
しても知られています。

♪日時     6月28日(土) 午後6時(開場5時半)
♪曲目     シューベルト「3つのピアノ曲」「ピアノソナタ第21番」
♪入場料   一般6000円、ハーモニーメイト5000円、大学生以下
          3000円(全席指定)
♪チケット販売日 ハーモニーメイトは22日午前10時(窓口)
            午後2時(電話)一般は3月8日午前10時
♪チケット取扱い 松本市音楽文化ホール、井上チケットぴあ、
            ライオン堂高宮店、ミュージックプラザ・オグチ
            カタクラモール、音楽社他
♪おい合わせ  松本市音楽文化ホール

まだ先の話ですがチケット販売は来月になります。この機会に
音と音の「間合い」で独自の音楽性と精神性をつぐむ演奏に
酔いしれてください。 

2014年02月19日

大雪の爪痕

DSC_0969.jpg

方々に大きな影響を及ぼした大雪はいまだに様々な
方面にダメージを与えています。
スーパーやコンビニはパンや牛乳がなくなり、野菜も
ほとんどない状態です。

写真は東筑摩郡山形村ですが、澄んだ青空と真っ白
な雪が綺麗だったので車中から撮りました。

市内の道路は日に日に綺麗になってきていますが、
歩道の確保ができていません。歩行者は車道を歩か
ねばならないので危険を伴います。

        DSC_0972.jpg

ホテルの横手にできたつららですが巨大です。
危険なので落としましたがあまりの大きさにびっくり!
松本は凍みるので雪の後は危険です。早く暖かく
なってほしいです。
ちなみにホテルの洗濯機は外にあるのですが、毎日
カップめんのごとくお湯をかけて使っています。

2014年02月17日

宿泊

凄い雪でしたね。長年生きていますが交通がここまで
マヒしこんなに大変な事は無かった様に思います。

金曜日は帰れなくなってしまった方の予約が多く入り
お陰さまで稼働数は上がりました。
ホテルの駐車場は一日中雪かき!!してもしても雪は
無くなる事がありません。

方々で車を放置して帰らねばならない人が続出し
300台~700台程の車が雪に埋もれたようです。
本日もキャンセルが相次ぎ当ホテルもまだ空室がござ
います。
帰る事が出来なくてお困りの方や、まだお余度がお決
まりで無い方は松本ウエルトンホテルに是非お問い合
わせを頂ければと思います。

また、道路の幅が狭くなっていたり、滑りやすくなっ
ていますので充分に気を付けて頂きたいと思います。

2014年02月14日

光城山

今日は朝から雪が降っていて先週末同様大渋滞と
なりました。先週末の雪が大通りは綺麗になって
いるのですが、横道はまだまだそのまま状態です。
ですからほとんどの車が大通りを通る為に、どち
らを見ても大渋滞。朝の松本市内は大変でした。

桜の時期が早く来ればよいかと思うのは私だけでは
無いと思います。
光城山の登山道には、麓から山頂まで約2千本の
吉野桜が大正時代から植えられています。桜の咲く
4月後半から連休にかけて、安曇野からピンク色の
桜の道がまるで天まで繋がる回廊のように見えます。
桜が麓から順に咲き1週間くらいで光城山の山頂まで
駆け上がる様子は、安曇野の風物詩となっています。

この光城山に市民参加で1000本の桜を植樹しようと
いうプロジェクトを発足する試みがあるようです。
大正時代に植えられた桜が老朽化してきている事や
土壌が痩せてしまったためなどの理由です。

春に光城山を眺めるのがお決まりになっている地元
の人や観光客はきっと今以上に桜を楽しむ事が出来る
事でしょう。是非実現に向けて進んでほしいと思い
ます。

2014年02月13日

松本出身 辻新次

来年に没後100年を迎える松本市出身で近代教育
制度の基幹つくりに関った辻新次(1842~1915)
の足跡について、松本市立博物館が、開催中の
特別展「岳と松本の礎ー近世・近代、遊びの場」
で紹介しています。

博物館では一般に特に知られている人物でもない
ので、特別展をやってそれを機に光を当てたいと
の考えからだそうです。

市立博物館によると、辻は明治維新後、文部省の
要職を歴任。初代文部大臣・森有礼のもとで、初代
文部次官を務めた。学制や教育令の立案など明治
初期の教育制度策定に関り「文部省の辻か、辻の
文部省か」と評されたと言われています。

岳都松本にはふさわしい文化人が多いと思います。
この機会に是非足を運んでみて下さい。

2014年02月12日

かまくらで食事

世間はオリンピック一色の昨今、夜中の試合を
見ている方も多いかと思います。
松本市出身の選手等の応援が各地で行われて
います。やはり地元と言う事も有り熱が入ります。
つい寝不足気味で出勤しています。

山ノ内町北志賀高原の竜王スキーパークでは11日、
ゲレンデに作ったかまくら内で、来場者に食事を
体験してもらう催しを開きました。
スキー場の魅力アップなどを狙いに一昨年始めた
「北志賀高原かまくらまつり」の一環です。

地元産の大根などを煮込んだ豚汁、つきたての餅
を使った汁粉を振る舞い、親子連れや若者がかま
くらの中に持ち込んで味わいました。

子供向けゲレンデの近くに直径5b、高さ2.5bの
鎌倉を5つ設置しました。
内部に雪でベンチを造り座れるようにしました。
この日は県のPRキャラクター「アルクマ」も登場し
子どもたちに人気でした。

かまくら体験はなかなかできませんから多くのお客
様が楽しんだようです。

2014年02月10日

大雪のあと

先週末の大雪はホント大変でした。松本地方は全国で
も2番目に多い積雪量を記録し二日過ぎた今なお、市内
の道路状態は著しく悪く、交通渋滞が続いています。

除雪がなかなか進まない状況に、市民からの苦情も
殺到したと言う事です。

土曜日は全国的な交通まひも有りお客様のキャンセル
が相次いでいる中、逆に松本から帰れない方も多く、
急遽宿泊を希望する方もいたほどです。
結局はキャンセルされたよりも多くの方がご宿泊され
ました。

市内に住む私も土曜日は車を置いて、1時間以上かけ
て歩いて帰りました。そして今日は朝いつもより1時間
早く家を出たのですが、普段15分位の家から1時間かか
ってしまいました。

松本はの冬はとても寒いのですが、雪は少なく暮らし
安いです。今回の様な大雪になると慣れていないのが
現状です。

もう雪はいらないですが、雪国と思われている事も有り
松本はもっと雪の後の対策を考えてもらいたいと思い
ます。

2014年02月07日

道祖神

今朝は雪がちらついていましたが大した事には
ならず何よりでした。明日は関東甲信地域は大雪
になるような予報。松本はあまり降らないのですが
どうでしょうか。

安曇野と言えば道祖神と言われる程、至る所で旅人の
安全と人々の暮らしを守っています。その数は500体
を越えます。

道祖神は安曇野の守り神
道祖神は寒(さえ)の神とも言われ、幸いの神・歳の神
などと記される事も有ります。「さえ」とは「さえぎる」
の意味で、本来は悪霊や疫病など邪悪なものが集落に
入り込んでこない様に、辻村境・峠などに祀ってきたのが
始まりでこれに猿田彦神話や道の神思想などが結びついて
行きました。
それぞれの道祖神は「縁結び」「疫病退散」「五穀豊穣」
「家内安全」「子孫繁栄」などの願いが込められています。

春からの観光シーズンは自転車で行動すると便利な安曇野
ですが、冬は寒いですから車が良いかと思います。
雪の帽子をかぶった道祖神や寒そうに肩を寄せ合っている
道祖神を見るとホッとします。

2014年02月06日

松本市役所

今日も寒い一日です。日中でも氷点下3度くらいで
すから体がコチコチです。早く暖かくなって欲しい
ものですね。

3月はこんなスポーツの催しもあります。
「第47回乗鞍ダウンヒルスラローム大会」
伝統あるスキー大回転競技の大会が乗鞍で行われ
ます。
鳥居尾根ダウンヒルコースを使ったレースは圧巻
です。ぜひ、挑戦してみて下さい。

●日時 3月8日(土)競技/午前10時~ 
          表彰式/午後1時30分~
●会場 Mt.乗鞍 鳥居尾根ダウンヒルコース
●定員 先着250人
●コース Aコース(1500b・標高差300b)
     Bコース(1000b・標高差190メートル)
●料金 小・中学生2000円、高校生以上4000円
     リフト料金別途 
     割引きのある大会選手用特別券あり
●申込 2月20日(木)までに申込書と参加料を現金書留
    で、乗鞍高原スキー学校まで

2014年02月05日

立春とはいえ

立春の昨日は寒い一日となりました。そして今朝も
氷点下9度の厳しい寒さとなり、まだまだ春には程
遠い松本です。

安曇野市で越冬するコハクチョウの飛来がピークを
迎えています。観察や保護をしている「アルプス白鳥
の会」は4日の朝今季最多の608羽を確認したそうです。

北帰行は例年2月半ばからで、白鳥たちもそわそわして
帰る時期を察している様子。

コハクチョウの安曇野への飛来数は、昨シーズンまで
3季続いて1千羽を越えましたが、今シーズンは少なめ
なのだそうです。北の越冬地が大雪にでもなれば、もう
少し飛来数が増えるかもしれないと言う事です。

昔は孫を連れて白鳥湖や遊水池に見に行ったものです。
時々写真愛好家などに出会ったりもしましたが最近は
行ってないですね。
もっと知名度をアップして冬の観光名所として定着して
欲しいと思います。

2014年02月04日

まつもと市民芸術館

まつもと市民芸術館は、4層のバルコニーを備えた最大
1800席、馬蹄形の主ホールと、ワンボックス型288席の小
ホールなどを備えた文化施設です。様々な舞台芸術の
創造や鑑賞機会の提供とともに、市民の活発な芸術文化
活動の支援を通じ、多くの人々が集い交流する拠点として
松本の新たな芸術文化の振興に努めています。

3月7日から始まる「まっとないてよフラッパー」は
松たかこさんやりょうさんなど素晴らしい役者さんたちで
行われます。

そんなまつもと市民芸術館の裏舞台を見て、体験して
もらおうと「まつもと市民芸術館バックステージツアー」
が催されます。

●対象 階段で高所へ上がる事の出来る健康な方
    (未就学児は不可)
●日時 3月28日(金)午後1時~・4時~
    3月29日(土)午前10時30分~
●会場 まつもと市民芸術館
●定員 各30人(応募多数の場合は抽選)
●料金 200円
●申込 2月28日(金)必着で希望の日時、参加者全員の
    氏名、住所を記載し往復はがきにより、まつもと
    芸術館(〒390-0815深志3-10-1)へ
●問合せ まつもと市民芸術館

普段の講演では見る事が無い主ホールの舞台裏を体験しながら
案内してもらえます。からくりが分かると、正面から観賞
した時にはそれまでとは違った見方ができ楽しいかと思い
ます。

2014年02月03日

松本市役所から

「健康寿命延伸都市・松本」の創造 市民フォーラム
〜〜笑って健康 なかまで健康〜〜

「健康寿命延伸都市・松本」の実現をめざして、市民
フォーラムを開催します。「健康づくり」に関心を
お持ちの皆さん、お気軽にご参加ください。

●日時 2月16日(日) 午後2時~4時
●会場 まつもと市民芸術館 小ホール
●料金 無料
●内容 講演「らく朝の健康トーク」
    講師:立川らく朝氏/落語家・医学博士
    事例発表
    福祉ひろばの活動/熟年体育大学の活動/笑いヨガ

「国宝松本城を世界遺産に」世界遺産フォーラムin松本
国宝松本城の世界遺産登録をめざして、世界遺産の現状や
日本の城郭についてのフォーラムを開催します。

●日時 2月22日(土) 午後1時30分~4時30分
●会場 Mウイング6階ホール
●料金 無料
●内容 講演@「世界遺産の現状と課題」
    講師 松浦晃一郎氏/第8代ユネスコ事務局長
    講演A 「城と天守の歴史・様式・技術」
    講師 麓和善氏/名古屋工業大学大学院教授
    パネルディスカッション
    「世界遺産登録に向けて必要なものとは」
    座長 西村幸夫氏/日本イコモス国内委員会委員長
●申込 はがきまたはファクスで住所、氏名、電話番号、
    参加人数を記入し、信濃毎日新聞松本本社
    「世界遺産フォーラム」係

2014年02月01日

冬の松本

今日の朝は氷点下3度と、車のフロントガラスに
霜が付いていましたが、昼間はかなり暖かく10℃
位になりました。

まだまだ冬の松本は観光客も少なく、またイベントも
あまりありませんので市街地は閑散としています。
とはいえせっかく観光に訪れて頂いた方たちの目を
楽しませてくれる催しが開かれています。

松本市中町蔵シック館は26日まで「故降旗やよひ松本
てまり展」は北側の和室縁側と東側のギャラリーに、
直径7aくらいの小さなものから30aの大きな物まで、
様々な模様や彩りの50個の手まりを展示しています。

手まりは、市内で暮らし、2007年に77歳で亡くなった
降旗やよひさんの作品で、趣味で造り続けた129点を
50作品づつ交代で展示します。

松本を代表する民芸品ですから多くの方に見て頂き
楽しんでほしいと言う事です。

 

Copyright c 2015 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb