松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2014年04月29日

サイトウ・キネン・フェスティバル松本

サイトウ・キネン・フェスティバル松本実行委員会は
今夏の公演とチケット販売の概要を28日に発表しました。
オペラ「ファルスタッフ」と小澤征爾総監督が指揮をする
オーケストラ・コンサートを軸に、8月10日から9月6日まで
の28日間にプログラム19公演を催します。チケットは
6月7日午前10時から全国一斉に販売します。

最終日の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本Gig」に
第42回ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝した松本
第一高校3年生の二山治雄さんが出演することも正式
発表され小澤総監督が二山さんの快挙を知り「松本を
輩出した逸材のバックアップをしたい」と出演を依頼した
そうです。

小澤総監督はオーケストラ・コンサート3公演とGig、小学校
6年生を対象の「子供のための音楽会」2公演で指揮をします。

松本市の夏の一大イベントであるサイトウ・キネン・フェス
ティバル松本はマイ致死多くの観光客でにぎわいます。
チケットが取れない方でも松本に来たら気分が盛り上がり
ます。

市内のあちこちで音楽に携わる市民の方やスタッフの方など
に会うことができお話など聞かれるとまた楽しいかと思います。

2014年04月28日

工芸の五月

今日の松本は曇り空で、今にも雨が降り出しそうな気配が
ありましたが今はうっすらと日がさしています。
GWの前半の中日で観光客の姿もまばらですし、ビジネス
の方も出張を控えている様子です。

五月は松本の町が工芸の町として、あちこちで暮らしやもの
づくりを見直す月間イベント「工芸の五月」が明日29日、松本
市中心市街地を主会場に始まります。
五月末までの一か月間にわたって市内外の約70会場で多彩な
事業が展開されます。

中でも5月24日のメーンイベント野外工芸展「クラフトフェア
まつもと」は今年で30回の節目を迎えます。例年300組近い
クラフト作家と5万人伝後の来場者でにぎわいます。
5月24日・25日松本市あがたの森公園。30年の歩みを振り返る
記念冊子も刊行されます。

毎年この「クラフトフェアまつもと」は市内のホテルも満室状態
になり当ホテルも2月の時点で満室となりました。
一度は行ってみたいと思っていますが・・・。

2014年04月27日

白川郷

GWの前半、静かな日曜日です。長期に休みが取れる
方は海外に行かれるのでしょうか。前半後半に少し休める
方々は近くに出掛けるのでしょうね。
昨日家族で白川郷に行ってきました。松本から約3時間ほど
掛かりますが世界遺産を見て感動してきました。

DSC_1063.jpg

白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られていますが
実際に目にしたのは初めてでした。山間のそこだけが独特の
景観を作りそれが評価され、1976年に重要建造物群保存
地区として選定され、1995年五筒山とともに合掌造りの集落
としてユネスコの世界遺産に登録されました。

         DSC_1073.jpg

観光バスやマイカーの観光客がそこにだけ集まっていて
特に海外からのツアー客が多かったです。

これから当ホテルにも多くの観光客が訪れ、松本を拠点
として方々に出掛けていく中、上高地の少し先まで足を
伸ばせば世界遺産に出会えることをご案内したいと思います。


         

2014年04月24日

春の安曇野へ

今日はホントに暖かいです。春を待っていたのに
通り過ぎて夏のよう・・・。

〜〜♪ あずみの公園 早春賦音楽祭 ♪〜〜

安曇野市の国営アルプスあずみの公園堀金・穂高地区で
5月4日に開かれます。今年は同公園開園10周年とともに
、同音楽祭も10回目を迎え、特別企画で盛り上げます。

園内に設けた10か所のステージが同時進行。公募に応じた
多くの音楽愛好家が各所で歌や楽器演奏を披露します。
各ステージを巡るスタンプラリーもあります。

各ステージでは早春賦大合唱団、国営公園早春賦合奏団
などが早春賦などの技を披露し、観客と一緒に歌います。
他にアルプホルンの演奏、吹奏楽の祭典、小中学校重唱、
合唱などFM長野が公開録音します。

早春賦は厳しさに耐え、春を待つ思いを歌った日本の代表
的名歌です。早春賦の故郷にちなんで安曇野で毎年開催
しています。

2014年04月23日

まつもと大歌舞伎

松本市の夏をにぎやかに彩る「まつもと大歌舞伎」の
第4回公演が7月20から4日間開催されます。
それに先駆けチケットの販売が5月6日に始まります。

演目は「三人吉三」で、公演は20日から24日までの
4日間です。
桟敷席(土産付き)13500円、一等席12000円、二等席
9000円、三等席5000円(25歳以下3000円)、四等席
2000円(25歳以下1000円)となります。

プレイベントでは平成22年の信州・まつもと大歌舞伎に
出演した中村橋吾さんらが「歌舞伎はこんなに面白い」
としてトークとパフォーマンスで歌舞伎の魅力を紹介します。
プレイベントは入場無料で、だれでも楽しめますからぜひ
行ってみてください。

華やかな歌舞伎の世界を少しでも身近に感じて、楽しんで
松本の夏を盛り上げましょう。 

2014年04月22日

上高地に行こう

ようやく来週上高地の開山祭がおこなわれます。
毎年多くの登山者や観光客がこの日を待ち、準備して
行かれます。TVのニュースでしか見たことはありません
が、色とりどりのウエアーが映し出されています。

上高地〜何度訪れても飽きない、色とりどりの物語が
そこにはあります。

日本の代表的な山岳景勝地・上高地の中でも大正池〜
河童橋〜明神池は整備されて歩きやすくなっています。
「大正池〜河童橋」の湯歩道は上高地自然研究路と
名づけられた約1時間のコースで散策しやすいコース
です。
雪が残る穂高連峰峰と新緑に吸い込まれそうな春の
山々がリピーターを引き寄せているのだと思います。

また、5月31日・6月1日には日本アルプスの魅力を広く
世界に紹介した、日本近代登山開拓の父と言われた
英国人宣教師ウォルター・ウエストン氏をしのんで
ウエストン祭が開催されます。

上高地の魅力はまだまだたくさんあります。ぜひこれから
の時期に最高の上高地と出会ってほしいと思います。

2014年04月21日

黒部に春が・・・

今日は冷たい風に時折雨が混ざって寒い一日と
なっています。あちらこちらで春の訪れを目にし耳に
するこの頃ですが・・・・信州の春はまだですね。

北アルプスを横断して大町市と富山市を結ぶ山岳
観光ルート・立山黒部アルペンルートで20日、今季の
シーズン本番を告げるイベント「オープニングカーニバル」
が行われました。

戦国時代の富山城主・佐々成政の冬のアルプス越え伝説
を再現sる軍団武者行列も登場しルート上の黒部ダムを
訪れた観光客を喜ばせたそうです。

ロープウエーなどを乗り継ぐアルペンルートは16日に全線
開通をしました。電気で走るトロリーバスは開通50周年に
なります。

いよいよ本格的に観光シーズンとなる黒部です。松本からも
簡単にいくことができます。上高地や乗鞍と同様、信州の
観光スポットですから一度お越しいただければと思います。

2014年04月20日

満開の桜と散りゆく桜

今日は肌寒い一日となっています。
桜の名所として親しまれている安曇野市東部の
光城山で19日夜、桜のライトアップが始まりました。
山頂部まで約2`の登山道沿いの桜並木が、夜の
闇の中で美しく照らし出されています。

竜が上るように見える光城山の桜は順調に開花し
麓から中腹まではすでに満開で、来訪者の目を
楽しませているようです。

松本城の桜も散り始めていますし、少し山のほうは
まだ楽しめます。お城の外堀には桜並木から散った
たくさんのはなびらが浮かび見事な花筏となって
います。水鏡に映りこんだ桜の木々を華やかに彩り
訪れた人を楽しませています。

2014年04月19日

上高地に春が来た

ようやく待ちに待って咲いた桜も春の雨に打たれ
花びらが道端をピンクに染めていた昨日。

     DSC_1051.jpg

薄川の桜もちょっとかわいそうでした。

そんな小雨の中上高地に通じる松本市安曇の県道
上高地公園線の冬季通行止めが18日解除されました。
午前7時過ぎに県道と国道158号とのT字路にある
中の湯ゲートが開くと、観光バスやタクシーなど訳20台
が早々上高地に向かいました。
長く厳しい冬が終わり上高地に今季の観光シーズンが
訪れました。

大正池や河童橋の周辺にはまだ1bほどの積雪が残って
いますが、遊歩道の多くはすでに除雪は済んでいます。
新緑の上高地はこれからですが雪の上高地もまた格別
だと思います。

27日には河童橋周辺で本格的なシーズンの訪れを告げる
開山祭がおこなわれます。


2014年04月16日

安曇野を訪ねて

今日も春霞の中多くの桜見物客が松本城を訪れています。
松本はただ今桜まっさかり!弘法山も山全体がピンクに
染まり、見頃です。

      DSC_1045.jpg

今日は薄川の満開の桜を撮ってきました。淡いピンクの
花が川の両側に咲いて綺麗です。

安曇野も遅い春を迎えています。
長野県のほぼ中央に位置し、雄大な北アルプス連峰を
背に広がる安曇平。北アルプスの雪解け水が、豊かな
自然と人々をはぐくんできました。
四季折々に表情を変える山々、のどかな田園風景、ひっそり
たたずむ道祖神など安曇野の魅力が生えわたる春です。

豊かな自然の中を自転車で駆け巡るのが似合っている
安曇野に出掛けてみましょう。

2014年04月15日

松本市美術館

桜が咲き誇る最高の季節に松本市美術館に
出掛けてみませんか?
来月は工芸の五月ということで松本の町は一気に
賑やかくなります。

4月12日〜6月8日までヨーロッパの宮殿を飾った
日本磁器 「伊万里焼 歴史と栄華」と題し伊万里焼を
紹介します。

江戸時代にヨーロッパ向けに制作された伊万里焼を
紹介する企画展「IMARI/伊万里 ヨーロッパの宮殿を
飾った日本磁器」が始まりました。大型で豪華絢爛な
製品が特長です。

1610年肥前国有田(現在の佐賀県有田地域)で日本初
の磁器が作られました。それはやがて伊万里港から船で
全国に運ばれたため「伊万里焼」と呼ばれるようになり
ました。
その品質は、もともと手本とした中国の磁器に優るとも
劣らないものだったそうです。

世界を魅了した伊丸焼きの華麗なる美の世界へ近づいて
みてはいかがでしょうか

2014年04月14日

弘法山の桜

    

   %96%B3%91%E8.jpg

  松本市東南部、東に鉢伏山、西に北アルプスが展望
  できる弘法山は標高650bのほっこりした山です。

  東日本最大級の3世紀末構造の前方後方墳の廻りに
  訳4000本の桜が咲き誇り、桜の名所として花見シーズン
  には多くの花見客でにぎわいます。春の観光スポット
  として知られています。

  まだ咲き始めで山全体がピンク色に染まるのはあと3日
  4日かかるかと思いますがふもとの枝垂桜は満開となって
  いました。

  近くの小学校に通う孫が昨日遊びに行って綺麗だったと
  写真を撮って送ってくれました。ホントに見事に咲いて
  います。

  桜まつりは26日までやっています。また期間中10日間は
  夜19時〜21時まで弘法山のぼり口〜ラオtぱっぷもされ
  春の夜を彩ります。

  車で走っていると突然目の前に現れる桜の山。この春の
  景色は素晴らしいものです。

2014年04月13日

鳥居火

あちこちで桜が咲き本格的な春がやってきました。
春の訪れを告げる松本市島島内の大宮、武宮
両神社の「鳥居火」が今年も行われます。

島内の三地区に500年も前から伝わる、五穀豊穣
家内安全を願う伝統行事で、地元島内の人々は
もちろん安曇一帯の人々も農業に入る前の一つの
行事として、昔から多くの人に親しまれて、楽しみに
されていました。

場所は城山地方に広がる犬飼山のうち、「鳥居火山」
と呼ばれる標高781bの山の頂上付近です。
日によって文字が違い、14日は鳥居と大と一。
15日は鳥居、上、上。16日は鳥居、十、トというように
決まっています。

16日の十は3日間の鳥居火は十分の十。トは3日間
の鳥居火は終了の意味があるようです。

昔島内地区に20年住んでいた私もやはり毎年この
鳥居火を待っている一人です。遅い春がやってきます。

2014年04月12日

乗鞍高原の春

ようやく桜が開花し松本の町も活気づいてきました。
千歳橋から松本城までは春のイルミネーションが
はじまり夜の街を彩っています。
薄川沿いも昨日あたりから咲き始まましたし、弘法山も
山全体がピンクに染まってきています。

春の乗鞍高原にも新たなガイドツアーが始まるようです。
いよいよシーズンを迎える上高地、乗鞍高原も準備の
段階に入りました。
「のりくら観光協会」では5月1日〜11日まで協会員が地元
のミズバショウ群生地を案内するガイドツアーを初めて
開催します。
群生地はこれまで観光資源としてあまりPRしてこなかった
ようですが春山のシーズンの誘客につながればと企画
したのだそうです。

全国でも有数とされる乗鞍高原のミズバショウ群生地は
一之瀬園地一帯に広がる「オソメジッケ」「女小屋の森」
「どじょう池周辺」とやや麓よりの大野川小・中学校近くに
ある「宮の原」の4か所です。
標高差があって見ごろが異なるため、咲き具合におおじて
ペンションのオーナーや、地元をよく知るガイドがコースを
設定して案内します。

ツアーは乗鞍高原観光案内所が発着で、午前10時と午後
1時出発の2回です。定員は1回20人で参加費は保険料込で
500円です。
豊かな自然に触れる機会を、多くの観光客に楽しんでいた
だければとの思いがそこにはあります。
申し込みは乗鞍高原観光案内所で当日も可能です。

2014年04月09日

雪に埋もれて

今日は一段と暖かく桜の開花もぐ〜んと早まった
気がします。多くの方が待ち遠しい気持ちでいるので
しょうね。松本は梅・あんず・桜の花が一気に咲きます
から、色とりどりで綺麗ですよ。

松本市安曇の宿泊施設・休暇村乗鞍高原は8日、敷地
内の雪の中で3か月間熟成させた日本酒を掘り出した
そうです。
雪中埋蔵酒「雪原乃華」として4月下旬からレストランや
売店で提供する予定です。

雪を深さ2bほど掘って木星の箱に入れて埋めてあった
一升瓶80本を取り出し、雪の中でうまみを増した日本酒
を早々に試飲し出来栄えを確かめたそうです。

この時期方々で雪の下の掘り出し作業が行われています。
日本酒がおいしい信州ですから、雪中埋蔵酒もおいしさが
増してまろやかなのでしょうね。味わいたいものです。

2014年04月08日

国宝松本城

今日も松本城に行ってきました。暖かいとちょっと足を
伸ばしたくなります。
今日は外堀を歩いてみましたが昨日よりも桜のつぼみも
膨らんで花開いているところも多くありました。

DSC_1019.jpg
a 
           DSC_1023.jpg

松本城の北側にある松本神社前井戸

DSC_1021.jpg

近くにある開智小学校の子供たちが帰り道にのどを潤して
いまし。街中にある天然の井戸は観光客だけでなく、地元
の子供たちにも元気にしています。

今日もとても良い天気で青空と朱塗りの橋とお城がとっても
色濃く浮かび上がっています。

         DSC_1025.jpg

今日も多くの観光客が国宝松本城の美しさに、シャッターを
切っていました。

2014年04月07日

国宝松本城

ようやく春になったと思っていたら昨日の天気と言ったら
雪が舞っていました。寒に戻るにしても戻りすぎですね。

久しぶりに松本城に行ってみました。
「駒つなぎの桜」がピンクに染まってきれいでした。梅の花が
満開で観光客が写真を撮っていました。

北アルプスと青い空と松本城。

DSC_1010.jpg

そんな中を結婚式の写真どりでしょうか和装が素敵なカップル
がカメラマンと一緒に緑が綺麗な柳の下を歩いていたんです。

           DSC_1014.jpg

柳の緑と松本城。
城下町には人力車が似合います。

DSC_1017.jpg DSC_1006.jpg

少し寒いのですが陽だまりに憩いを求めて多くの方が
写真を撮ったりお堀の鯉にエサをあげたりしていました。
桜が開花したらまた行ってきますね。


2014年04月05日

あんずの里

松本から長野自動車道で40分くらいの位置にある
千曲市はあんずや棚田、温泉などがあり情緒あふれる
湯の町です。

そろそろあんずの花が咲くころです。4月初旬から桜より
一足早くので毎年全国から20万人が訪れる日本一の
あんずの里です。
花を見るのは4月の上旬からですがあんず狩りは6月
下旬から7月中旬までだそうです。

姨捨の棚田
善光寺平を望む姨捨は、山の斜面に開かれた、棚田の
里で「日本の棚田百選」に選ばれたことでも名高いところ
です。古今和歌集に歌われた名月の里でもあり、連なる
水田に映る「田毎の月」の美しさなど長野県初の重要
文化的景観に選ばれました。

長楽寺
松尾芭蕉も訪れた月の名所です。境内には数多くの
句碑・歌碑が点在し、中秋の名月のころには「信州さらしな
・おばすて観月祭・全国俳句大会」が開かれるそうです。

そろそろ松本の桜も開花しますがその前にちょっと足を
日本一のあんずの里で甘い香りを楽しんでみましょう。

2014年04月04日

栄村

栄村はご存じのように長野県北部地震で被災し今は
復興に取り組み、観光・宿泊施設は通常の営業に
戻っています。

日本有数の豪雪の里でも知られていますが、そこには
美しい自然があります。湯けむりと緑豊かな川のせせらぎ
が遅い春を迎えようとしています。
古代の香りが残る里山として知られ、先人の知恵と技を
受け継いだ独自の文化が今なお根強く残っています。
美しく厳しい自然とともに生きる人々が築いた歴史の重み
を感じながらその地に暮らします。

道の駅 信越さっかえ物産館またたび
山菜やきのこなど、旬の山の幸のほか、わら細工の「ねこ
つぐら」、桐下駄、手すき和紙、秋山木鉢などの特産品を
販売しています。

中条温泉 トマトの国
家族連れに最適な体験宿泊施設です。夏は満点の星空や
蛍の観察、冬はかまくら作りやスキーが楽しめ、かけ流しの
温泉と無料の休憩所があり、家族でゆっくりできます。

日本にはまだこんなところがあるんだと肌で感じ、体験し
ここをを豊かにしてくれる里山栄村は、忘れかけていた
優しさをよみがえらせてくれます。

2014年04月03日

桜がちらほら

    DSC_1004.jpg

ホテルのすぐ裏にあるお宅のあんずが満開となっています。
あちらこちらで梅の花を見かけるようにはなってきました
が、まだ本格的に花見ができる状態ではありません。

松本城の開花予想は4月9日だそうです。ようやく桜前線が
松本城に近づいてきました。外堀の桜はつぼみが大きく
膨らんで若干色づいてきています。
満開は4月14日❀寒の戻りはあるものの、このまま行けば
来週水曜日には開花となりそうです。

「光の回廊」の準備も進んでいるそうですから夜の光景も
楽しみの一つですね。
昨年行ってみましたが、さすがに松本の夜は寒いです。
暖かくしてお出かけください。暗い中に建つお城とピンクの
桜、そしてライトアップが見事に調和してこの時しか見られ
ない情景に酔いしれます。

2014年04月01日

トットちゃん

暖かな陽気が続き気持ちも軽やかになったような
気がしています。

松川村にある安曇野ちひろ美術館の館長を務める
女優・黒柳徹子さんの自伝的エッセー「窓際のトット
ちゃん」の朗読会が20日午後2時から、プロの読み手を
迎えて、館内の多目的ギャラリーで開かれます。

かわいい子供の絵で知られる画家・いわさきちひろの
没後40年を記念して、5月13日まで開催中の企画展の
関連イベントとして開催するそうです。
昭和56年に出版されて大ベストセラーになった「窓際の
トットちゃん」の本はちひろの作品があしらわれています。
abn長野朝日放送の蔵田玲子アナウンサーが読み手を
務めます。

参加は無料ですが入館料800円(高校生以下無料)が
掛かります。定員は80人で事前予約が必要です。

ちひろ美術館は安曇野の中でも大好きなところなので
一年に一度は足を運びます。ちひろの絵を見ていると
心が落ち着いて優しくなれます。自分のための時間が
ほしくなったら行くようにしています。
ぜひ出掛けてみてください・・・ホッとしますよ。

 

Copyright c 2015 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb