松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2014年07月30日

国宝松本城

今日も気温は32℃ですが風があるので過ごしやすい
いちにちです。37℃から比べたら涼しいと感じます。

連日観光客が多くなり松本の町も賑やかくなってきました。
登山の方、市内の観光の方、また、今日はサッカーの試合が
あるため、遠く熊本から応援の方々もお泊り頂いております。

国宝松本城にも多くの観光客が訪れているようですが、
そんな中松本城太鼓門の建物内部が8月17日まで特別公開
されています。
400年以上前の建造当初の技法で平成11年に復元された建物
の構造をまじかに観ることができ、観光客や市民の関心を引い
ているそうです。

太鼓門は文禄4(1595)年に築かれました。門の石垣の上に
置かれた太鼓楼から時刻や登城、火急の合図を知らせる
情報発信源の役割を担っていましたが、明治時代に取り壊され
ました。

建物内には発掘調査や復元工事の様子を紹介する写真やパネル
なども展示され、昭和41年から復元が完了するまでの経緯を
詳しく知ることができます。

先人の知恵で造られた太鼓門を多くの方に観ていただき、松本の
魅力をもっと知って頂ければと思います。

2014年07月29日

SKFに向けて準備

昨日も今日も爽やかな風が気持ち良い松本です。
朝は寒いくらいで、窓を閉めました。秋のような風でした。

松本の夏といえばはサイトウ・キネン・フェスティバルです。
世界的指揮者の小澤征爾さんが総監督を務める音楽の祭典
が8月10日に開幕します。
メーンプログラムのオペラ「ファルスタッフ」の舞台装置の
設置作業が、松本市深志のまつもと市民芸術館で始まりました。

舞台装置は国内の工場で作られ11トントラック8〜9台分に
なるそうです。
「ファルスタッフ」の公演は8月20、22、24、26日の前4回となります。
いずれもC席(1万円)はすでに完売しましたが他の席にはまだ
空きがあるようです。

当ホテルにもサイトウ・キネン・フェスティバルのオペラの方々が
1か月間宿泊しています。とっても気さくでいつも笑顔で感じの良い
方々ばかりです。
チケットがあれば私も行ってみたいのですが・・・。

暑い夏ですが松本市全体で盛り上げる夏の一大イベントがもうすぐ
始まろうとしています。

2014年07月26日

松本空港

今日は37℃という松本。外には出られませんね。なんという暑さ
なのでしょうか・・・。お客様とも「暑いですね・・・」の会話しか出て
来ません。本当に暑いです。

信州まつもと空港が26日でジェット化して20年を迎えるという記事
を見つけました。開港は昭和40年、大阪線に国産プロペラ機の
YS-11型機が運航しました。
私は昭和50年ころ大阪の親戚のところに父とYS-11に乗りました。
私にとっては初めての飛行機・・・にしては小さく物足りなさを感じ
たことを覚えています。

拡張された20年の間に、数多くのジェット機が空港に現われ、夢と
希望を運んでいます。
フジドリームエアラインズのカラフルな機体が毎日松本の空を彩っ
っています。
私も孫の小さいときはよく空港に出掛けジェット機を見せたものです。

空港の滑走路を取り巻くように広がる緑地が、松本平広域公園・
信州スカイパークです。ジェット化に合わせて整備され、面積は東京
ドーム30個分の約141fと県立都市公園としては県内最大級を誇り
ます。

遊具がある大芝生広場や、おもしろ自転車広場などには家族連れが
大勢訪れ、サイクリングやランニングなどを楽しんでいます。
総合球技場・アルウィンでサッカーJ2松本山雅のホームゲームが
行われ、県産のカラマツで造ったやまびこドームでは様々なイベント
は開かれます。飛行機を眺めながら楽しみ方もいろいろです。

ここへは私も孫と愛犬とよく遊びに出掛けます。まじかで見る色鮮や
かな飛行機は迫力ありますし音もすごいです。暑いときはあまり外
にはいられませんが春先や、秋口はとっても気持ちがいいです。

2014年07月25日

花火大会

今日も34℃??外には出られません・・・。87歳の母が心配で
思わず電話をかけてしまいました。ホント命に係わる暑さです。
外にいる方はもちろんですが中にいる方も熱中症には気を付け
ましょうね。

こんな暑さですがやはり夏といえば花火・・・ですよね。
家族みんなで庭先で花火もいいですが、豪快に夜空を彩る花火
こそ夏!!を感じます。
松本市内はもちろん安曇野あたりもいい花火がありますから
夏休みを利用してあちこちに出掛けましょう。

★第18回松本水輪花花火大会  7月26日(土)
松本市の波田地区と梓川地区で行われるエリア内最大級の花火
大会です。約4000発の花火が梓川河川敷から打ち上げられます。

★すすき川花火大会  8月10日(日)
三年前に復活した松本の8月の風物詩です。ない都市テーマが
あり今年のテーマは「みんなで作って、みんなで楽しもう!」。
打ち上げ数は昨年を上回って3800発。近くの「筑摩神社例大祭」
と同時開催のため、多くの屋台が薄川沿いに軒を連ねます。
当日周辺は交通規制がかかりますので注意してください。

★第8回安曇野花火  8月14日(木)
犀川、穂高川、高瀬川が合流する地点で、北アルプスを背景に
1万発以上の花火が夜空を彩ります。様々な音楽に合わせて
打ち上げられる「音楽花火」も見どころです。有料観覧席の用意も
あり、チケットは中心地区内のセブンイレブンで購入できます。
会場へはシャトルバスの利用をおススメします。

すすき川花火大会は私の家の近くですので毎年家族で出かけます。
孫が屋台目当てですので仕方がないのですが、花火だけなら自宅
マンションの窓から見た方がゆっくり見られます。
また、安曇野花火は何度か行きますがここはすごいです。ぜひ
行ってください。

2014年07月24日

夏祭り

梅雨が明け連日の厳しい暑さに体調を崩される方も多いかと
思います。私も7月に入り持病の目まいが発症し、連日苦しん
でいました。ひどすぎて会社を3日もお休みし職場には迷惑を
かけることとなりました。いつもなら1日〜2日で治るのですが
今回はしつこくいまだに不調です。歳とともに体調管理には
十分気を付けたいものです。

夏祭り真っ盛り!
あちこちで夏祭りが始まっています。夜になるとどこからともなく
聞こえる花火の音に窓を開けてみると遠くで花火が見えます。
4階なので結構遠くまで見えるんですよ。夏だな〜って感じです。

松本では8月2日(土)に一大イベント「松本ぼんぼん」が開催
されます。今年で40回目となる松本ぼんぼんは年々参加者が
増え、2万5千人以上の方が踊るそうです。見物客は例年20万
人以上だそうです。
県内外から観光客が集まる長野県の代表的な夏祭りになって
います。

サンバ調のテンポの良い音楽が流れる街中を約300もの連が
練り歩く様子はまさに圧巻!
是非一緒に参加してみませんか?見ていてはつまらないので
自由参加の連で踊っちゃいましょう。。。。

8月2日(土)   17:00〜22:00 歩行者天国
          17:50 踊りスタート

17:00頃から駅前通りなどで松本マーチングバンドなどもあります。
暑い夏を吹き飛ばす勢いの「松本ぼんぼん」でいい汗かきましょう。

2014年07月22日

大歌舞伎に花添える

信州・まつもと大歌舞伎が行われているまつもと市民芸術館
の販売ブース「縁日横丁」で大道芸が連日披露され、来場者
を楽しませているようです。

南京玉すだれや江戸糸繰り人形といった江戸時代から伝わる
伝統芸が会場に彩りを添え、江戸の風情を楽しむことができま
す。
公演2日めの21日は、歌舞伎が2公演あり、縁日横丁は多くの
人でにぎわいを見せていました。

信州・まつもと大歌舞伎は25日まで市民芸術館で行われていて
演目の「三人吉三」は同じ「吉三」を名乗る3人の盗賊が、幕末の
江戸を舞台に百両と名刀を巡って、数奇な運命をたどる物語です。

縁日横丁では地元の店がオリジナルで開発した限定商品も多彩
にそろっていて、ここでしか買えない商品が人気を集めています。
バームクーヘン、饅頭、どら焼き、ケーキ、お弁当なども売られて
います。

連日多くの観客が訪れ、松本の町も歌舞伎一色となっています。
歌舞伎のチケットは取れなかった方も縁日横丁だけでも立ち寄っ
てみてはいかがでしょうか。楽しいと思います。


2014年07月18日

夏の木曽A

★赤沢自然休養林
樹齢300年を超える木曽ヒノキが生い茂る天然林です。
森林浴発祥の地として知られるほか、森林セラピー基地
に認定されています。爽やかな風が吹きわたる林の中には
8つの森林浴コースがあります。開園期間中は森林鉄道が
毎日運行します。以前孫と一緒に川遊びに行き、森林鉄道
にも乗ってきました。早いの中を走り抜ける気持ちよさは
忘れられません。

★水木沢天然林
木曽川の源流に広がる天然林で平成の名水百選にも選ば
れています。大きく美しい木曽ヒノキの林やブナ、サワラの
混合林などの広葉樹と針葉樹が混生する貴重な森林資源で
林内には推定樹齢200年以上の木々が並び、太鼓の姿を
とどめています。

★開田高原
標高1100〜1300bに広がる、木曽馬とそばのふるさとです。
真夏でも平均気温が18度と爽やかです。
雄大で美しい御岳山を眺めることができ、日本で最も美しい
村に認定されています。そばの花の見ごろは8月下旬です。

夏の木曽は本当に爽やかでのんびりしていて心地よいです。

2014年07月17日

夏の木曽@

木曽路を訪ねてみませんか?
木曽には多くの水の源があり、広大な森林を育んで
います。豊かな水は清流となり谷を刻み、水を集めながら
木曽川となり南の伊勢湾に。また奈良井川となり北の
日本海へと注がれます。

★清滝
大滝村にある清滝は落差30bを御岳山の雪解け水を集めて
落ちています。夏のトレッキングには心地よい清涼感を与えて
くれます。古くから御嶽修験道者の滝行が行われる滝としても
知られています。

★阿寺渓谷
全長15`の阿寺川清流と両岸に生い茂る木曽五木が、四季
折々の渓谷美を彩ります。
透明度抜群のエメラルドグリーンの清流は格別の美しさです。
神秘的とも思える色はぜひ見てほしいです。

毎年なんだかんだで木曽を訪ねますが、温泉だったり川遊び
だったり・・・。涼しくて居心地が良い木曽路はお勧めです。

2014年07月16日

国宝松本城薪能

今日は気温は高いのですが風があって暑苦しさは
ありません。夜から朝方は涼しすぎるくらいの松本
ですが、さすがに日中は32℃はあります。

〜〜〜第33回 国宝松本城 薪能〜〜〜

北アルプスの山並みが茜色に染まり、かがり火が
照らし出す中、お城を背に薪能を開催します。

今年は宝生流の宝生和英師ほか能楽師の皆さんに
よる公演です。日本伝統芸能に触れる真夏の夜を
どうぞごゆっくりお楽しみください。

日時   8月8日(金) 午後5時〜8時
      ※雨天中止

会場   国宝松本城本丸庭園

料金   午後3時から本丸庭園のみ無料
      ※天守に登る方は有料

内容   @能/橋弁慶 A狂言/土筆
      B能/殺生石

駐車場  松本城西側の臨時駐車場を
      午後4時30分〜9時に無料開放

問い合わせ 松本城管理事務所

真夏の暑い夜を薪能とともに過ごしてはいかがでしょう。

2014年07月15日

創作人形展

北海道の人形作家・宮竹真澄さんが長野県で初めて
作品展を開きます。
人形を見てもらうことで多くの人を笑顔にしたいと、粘土で
作った創作人形約50点を飾ります。

宮竹さんは大分県の農家で生まれ育ちました。34年ほど前に
独学で人形作りを始まました。題材は農作業をする女性や
畑でくつろぐ夫婦、畑仕事に出ている親の帰りを泣きべそをか
いて待つ子供など、自分が小さいころ見た農村や家庭での
何気ない光景が中心です。
観る人に懐かしさを感じさせる作風に仕上げています。

作品は高さ30aで、石粉粘土と呼ばれる白い粘土を使って
表情豊かに形成し、自然乾燥させて水彩絵の具で色づけ
してあります。

飯山市にある高橋まゆみさんの人形館に行ったことがあります。
お年寄りの里山の暮らしを表情豊かに作ってあり、小物などにも
手が込んでいます。
じっと見ていると涙が出る・・・と人に言われたのですが本当に
ただただ涙があふれました。気持ちが入っている表情が何とも
悲しかったり、ほんのりしたり。

時にはこんな時間を過ごしてみても良いかと思います。

〜〜宮竹さんの人形展〜〜

場所   松本市梓川アカデミア館
日時   7月29日〜8月3日 午前10時〜午後5時
料金   500円・高校生、大学生300円・小中学生100円

2014年07月14日

日の出を楽しむ

北アルプスの乗鞍岳から日の出を楽しむアルピコ交通の
「ご来光バス」の運航が始まりました。
県道乗鞍岳線の大雪渓〜畳平(岐阜県)の冬季閉鎖が
10日に解除されて初めての週末となる12日は、大勢の
観光客や写真愛好家がとずれた、山上からの幻想的な
光景を楽しんだそうです。

バスは午前3時半に乗鞍高原観光センター(標高1500b)を
出発し、約1時間かけて長野・岐阜県境(標高2800b)まで
観光客を運びます。

ご来光バスは9月末まで毎日運行します。
料金は観光センターから乗鞍岳の長野・岐阜県境の往復
で2500円です。

観光客はもちろん、地元にいる私たちも少し早起きして
素晴らしい光景を目にしたいものです。

お問い合わせはアルピコ交通新島々営業所です。

2014年07月09日

旬のもの

昨日も今日も暑くて具合が悪くなりそうです。今日私は
熱中症の症状と似た症状になりました。貧血だと思って
いたのですがネットで調べたら熱中症の始まりのようです。
水分補給をこまめにしないとだめですね。

松本市内田の農家でつくる内田営農では明日7月10日、
同地区の東山山麓にブルーベリーの観光農園を開きます。
松本平を一望できる絶好のロケーションの遊休農地を
活用し、多くの方に利用していただく目的です。

今が旬のブルーベリーは甘酸っぱくて美味しいですね。
身が大きく果肉がしっかりとしていますのでぜひ、ご家族で
行ってみてはいかがでしょうか。

2014年07月07日

時計博物館

今日は雨が降ったりやんだりのお天気でなんだか
気持ちが滅入ります。台風も気になりますが・・・。

市内観光で行かれる方も多いかと思いますが時計博物館
が夏企画展を行います。

〜〜夏企画展「時計から見る世界の国々」〜〜
世界各国で作られた時計を国ごとに展示し、特徴やこだわり
などを、それぞれの国の背景や歴史とともに紹介します。

会期  7月26日(土)〜8月31日(日)

会場  時計博物館

料金  通常観覧料(大人300円、小中学生150円)

〜〜夏休みこども時計づくり講座〜〜
初期の機械式時計である重錘式機械時計を製作します。

日時  8月6日(水)、7日(木)午後2時〜3時

会場  時計博物館

料金  1500円(材料費含む)

定員  7人

申し込み 7月23日(水)から時計博物館へ

夏休みになると普段と違う催しがあるので子供たちは家の中
ばかりにいないで、自分の町中を散策するのも良いかと思います。

2014年07月05日

はだかまつり

今日はむしむしと暑いですが風があるので過ごしやすい
一日です。雨は朝だけでよかったです。

松本地方に夏の訪れを告げる松本市島立堀米のはだかまつり
が明日7月6日、津島神社を出発点に、地区内で盛大に行われ
ます。鉢巻とふんどし姿の堀米地区の男子47人、女子30人が
元気いっぱいの掛け声とともに練り歩きます。

はだかまつりの由来
江戸時代中期、大流行していた疫病を払うために「津島様」を
祀ったのが祭りの始まりです。
裸で練り歩くのは、疫病神を威嚇するためと伝えられています。

出発は午後3時で、子供たちは「津島牛頭大王」と書かれたのぼり
を神社に奉納し、一年間の無病息災を祈ります。五色の紙幟の
竿に用いる茸は、本宮の「神茸の神事」と関係し、茸に託して
疫病を放逐する意味を持つのだそうです。

昭和63年長野県無形民俗文化財の指定を受け、県内外より見物
客やカメラマンなどが多く訪れるようになり子供たちの雄姿を暖かく
見守り祭りをいっそう盛り上げています。

日曜日の午後はぜひご家族それって威勢の良い子供たちを観に
行きましょう。元気をもらえそうですね。

 

Copyright c 2015 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb