松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2016年04月27日

安曇野春の祭り

安曇野市穂高の穂高神社は、7年に一度の式年遷宮の
年です。5月1日〜15日まで500年を超える歴史と伝統を
伝える大切な神事「式年御遷宮祭」を行います。
合わせて「穂高人形大飾物展」をはじめとした様々な
奉祝行事も開催され、7年に一度のお祭りを盛り上げます。

小さいころ亡き父に連れられて人形展を見に行ったことが
あります。子供心に良くできた人形に驚いたことを覚えて
います。だいぶ昔に職場で祭に参加する青年と知りあい、
人形を作る人がいないという話も聞いたのですが、伝統が
受け継がれていてよかったです。

やはり最大の見ものは人形です。祭りの期間中は、神社の
南側の広場に飾られます。神話、民話、歴史上の様々な
場面を演出する時代絵巻です。

ちょうどGWですので安曇野に足を運ばれる方も多いかと
思います。観光で松本にお越しの方も松本駅に近い
松本ウエルトンホテルが便利かと思います。お車でも40分
ほどですから是非圧巻の人形絵巻を見てはいかがでしょうか。

2016年04月25日

奈良井宿場祭

木曽漆器祭と同時に行われるのが奈良井宿場祭です。
6月3日(金)〜5日(日)まで開催されます。

宿場祭の一番の見どころは6月5日に行われる
「お茶壺道中」です。江戸時代徳川将軍家御用のお茶を
毎年京都宇治から中山道・甲州街道を経由し、江戸まで
運んだ道中行列を再現します。往時をしのぶ道中行列は
奈良井宿中心部の長泉寺を出発し、宿場内から木曽の
大橋まで一巡します。

タイムスリップでもしたような時代を思わせる行列は是非
一度見ておきたい価値のあるものです。
普段でも奈良井の宿場は一歩足を踏み入れると、時が
さかのぼり江戸の町並みと錯覚するほどです。
何度も行くのですがお祭りには行ったことがありません。
風情ある街並みで初夏の木曽路を楽しんでみましょう。

GWも木曽路は人気がありますから、大いににぎわうと思い
ます。松本からは車で1時間30分ほどです。
駅に近い松本ウエルトンホテルにご宿泊され、木曽路に
向かわれても便利かと思います。

2016年04月23日

アルプスの目覚め

今日は暖かく春の日差しも強い松本です。
上高地までの県道上高地公園線の冬季閉鎖が解除
され、開山祭は27日の水曜日です。先日は黒部立山
アルペンルートの通行規制も解除。いよいよ春の
アルプスが目覚めの時を迎えました。

観光シーズンを迎えた上高地には大きなリュックを
背負った登山者や海外からのツアー客などが河童橋
付近を散策したそうです。残雪の北アルプスと雪解け水
が流れる梓川の清流をカメラに収めていたとのことです。

北アルプス穂高連峰・涸沢カール標高2300b。
涸沢ヒュッテの小屋開け作業も14日から行われたそうです。
15日には本隊が上高地からヘリコプターで入山し本格的に
始まりました。例年より少ない雪だそうですが氷のように
硬い雪に苦労しながらの作業だったそうです。

春山のシーズン。
松本ウエルトンホテルにも多くの観光客、上高地にいかれる
方々の予約が入っています。遠くで見ていると美しい姿の
山々ですが、危険もたくさんあります。どなたも安全に楽し
まれることを願います。

2016年04月22日

漆器祭

松本のお隣塩尻市。
ワインでも有名ですが木曽楢川地区で毎年行われる
漆器祭も恒例となっています。贄川、木曽平沢、奈良井
全域で行われる大きな大きなイベントです。
街並みには180店舗の漆器店が並び、職人の精魂込めた
銘品や逸品をはじめ、この日しか購入できない製品も
あるそうです。
産地ならではの破格値の掘り出し物も見つかることがあり、
価格の交渉を楽しむファンも多いとか。

漆器・・・私がまだ若かりし頃、ご近所の先輩お姉さまたち
と一緒にパートの仕事をしていました。当時は年に2回ほど
木曽漆器を行商しているおばさんがいて、当時は高いもの
だったのですがみんなが購入するので、引くに引けなくなり
ローンで購入しました。セットでかなり高かったです。
事あるごとに使っていますが、今ではそれが我が家の財産の
一つになっています。

6月3日(金)〜5日(日)まで開催します。良いものは何年
たっても変わらず良いです。
松本ウエルトンホテルから車で1時間ちょっとで行けますので
是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

2016年04月21日

アルプスあづみの公園

今日はすでに雨が降っていますが春の雨は一雨
ごとに暖かくなるので良し!とします。

GWのご予定はもう立てられましたか?子供さんがいると
テーマパークや遊園地などせがまれますね・・・。
道路の渋滞を考えると親は近くで済ませたいところです。

春爛漫の安曇野はGWは観光客でにぎわいます。
国営アルプスあづみの公園では様々なイベントが企画され
ています。ご家族でお弁当など持って出かけるには良い場所
です。

堀金・穂高地区、大町・松川地区ともにこどもが喜ぶ楽しい
遊ぶがいっぱいです。
ラフティング・カヤック体験やフォレストアドベンチャー、
スポーツカイト、大型カイト。
ふれあい動物園などもあります。それぞれの場所のイベントを
事前にチェックしてから出かけると良いでしょう。

時には子供中心に童心に帰って一緒に楽しむことも大切な
事と思います。
大きくなると親から離れてしまい淋しいですよ・・・。

アルプスあづみの公園は松本ウエルトンホテルから車で
1時間程です。大町・松川地区は1時間30分くらいで行くことが
出来ます。松本に観光に来られた折にはぜひ足を延ばして
行ってみましょう。

2016年04月20日

桜終わっても

暖かくなったり、少し寒い春になったりのこの頃ですが
体調は大丈夫でしょうか。春先は気温の変かも激しく
身体がなかなかついていけません。免疫力も低下して
めまいなどを起こすようです。
私も毎年春先にはめまいを起こすのですが、今年は
なんと1度も起こしていません。嬉しいですね。歩いている
事が良かったのでしょうか・・・。

桜の花は少し山河に行くと今が満開・・・なんていうところも
あります。今年は全体に花が早く咲きましたから、当然
終わりも早いです。でも桜が終わった今、市内の街路樹の
ハナミズキがあちこちで咲きはじめとてもきれいです。
白やピンクの花が春の風にゆれています。

乗鞍高原の宮の原群生地ではミズバショウが開花した
そうです。あちこちで春を告げる花が咲き気持ちも嬉しく
なります。

今週も金曜日以外はほぼ満室の状態です。仕事の関係が
ほとんどですが、少しずつ観光客も増えてきています。
GWの前ですので仕事も急いでいるのでしょうか。お問い
あわせのお電話やご予約のFAXも増え、繁忙期になったと
実感しています。

当日のキャンセルが出る場合もございますので、急のご宿泊
の場合はお電話でお問い合わせください。

2016年04月17日

聖高原

今日は朝から雨でしかも風が強かった松本。上高地、
乗鞍地区には暴風警報が出されたほどでした。平地でも
強風で孫のサッカーの試合が中止となりずぶ濡れの
子どもたちは楽しそうで、親御さんは困り顔・・・。
午後は次第に晴れてきましたが風は今も吹いています。

レジャーの季節は松本ウエルトンホテルからもさほどに
遠くない聖高原はいかがでしょうか。
私も時々気晴らしに出かけることもあるのですが、静かで
みどりが美しく、愛犬と湖に映る雲など眺めたりして・・・。

白樺やカラマツの森に囲まれたアウトドア&レジャースポット
として地元はもちろん、観光客にも人気です。
湧水でできた自然湖「聖湖」は、釣りやボート遊びに最適
です。湖畔には全長710bのスカイライダーやキャンプ場・
こども広場・展望台などがあり、ご家族で一日中ゆっくりと
楽しむことができます。

湖畔にはドッグランもあり愛犬との散策もできおススメです。
近くには宿泊施設「シェーンガルテンおみ」があります。
北アルプスを望む展望温泉露天風呂は日帰り入浴も可能
です。自然豊かな麻績村の味覚や田舎料理を食べる事も
出来ます。

GWも混雑の中遠くに出かけずして地元の大自然を感じ
られる聖高原はお勧めスポットです。

2016年04月16日

春の安曇野

今年の北アルプスの残雪はいつもの年より少ないような
気がします。自宅から毎朝眺める北アルプスは春を待って
いたかのように見えます。

冬の間静かだった北アルプス山麓の安曇野。
少しずつ春の息吹を取り入れ緑が美しい、情緒あふれる
田園風景がもうすぐ見られます。

これからの季節どこに行っても花が楽しめますね。若木の
芽吹きと春の花は冬の間何もなかった安曇野の景色を
一変させてくれます。

豊科近代美術館バラ園
西洋風の建物と色とりどりの花。バラの見ごろは5月下旬
から6月上旬です。西洋ロマネスク風の美術館外壁や庭園を
華やかに彩る500種800株のバラ。5月28日から6月5日まで
恒例のバラ祭りも開催されます。美術館の美術作品と一緒に
美しいバラも楽しめる場所です。

あやめ公園・花菖蒲
公だ尾奈北アルプスを背景に咲きます。花菖蒲の見ごろは
6月中旬から下旬です。さわやかな初夏、水郷明科のあやめ
公園・龍門渕公園には多種多様な花菖蒲が咲き誇ります。
6月17日〜26日まで「信州安曇野あやめまつり」が開催。

春の安曇野は花がいっぱいのイベントが満載です。松本観光
の折には足を延ばして安曇野まで行ってみましょう。

2016年04月15日

春の行事

春になり各地で様々な行事が行われています。
桜前線も北信へとかわり長野市や須坂市、中野市
方面が見ごろを迎えている様子。

昨夜より始まった松本重要無形民俗文化財である
「鳥居火」は16日までの3日間行われます。
松本平に本格的な春の訪れを告げる伝統行事です。

地区は以前私が20年暮らした松本市島内。
鳥居火は古来「島八個の鳥居火」といわれて村人たち
から仰がれていて、島内区の大宮神社・武宮神社を
氏子として祭る高松、北中、南中、青島、など八つの村の
代表として「町区」「東方区」「北方区」の区民が、毎年
例祭を行う前の4月14日、15日、16日の三夜にわたり
行う神事です。

鳥居火山でたいまつを各自手に持って産土神から氏子
たちが一望できるように、鳥居の形と「上」や「一」など
それぞれに祈りを込めた文字を描きます。

ホテルからはちょうど真横に位置しますので見ることは
出来ませんが、京都の大文字焼きのようで、春の夜空を
飾ります。
これを見ると春になったな・・・と感じられ農作業の準備など
農家の方々は忙しくなります。

今夜と、明日もありますのでどこかで見られることがあると
良いですが。

2016年04月12日

宿泊状況

松本城の桜はすでに散り始めています。
桜は待っている方が長くその間が楽しみなのですね。
弘法山はちょうど今が満開ということですがお天気も
心配になります。

今週はビジネスの方のご宿泊が結構増えてきました。
同時に10泊以上の連伯の方がぐ〜んと多くなり
お得な連伯プランが大活躍しています。

ビジネスの方はもちろんですが大学生の方も多いように
思われます。マンスリーとホテルを迷っていらして、
当ホテルの連泊プランをお選びいただいたのです。

春先は移動などもあり先日はお住まいを探されている間の
連泊もありご家族でお泊りでした。

目的は様々ですが当ホテルの連泊プランはGWにかかっても
繁忙期であっても変わらぬ料金でのご提供となっています。
どうぞご検討下さいませ。

2016年04月11日

信州に来たら

桜が満開になりようやく訪れた信州の春。
観光地のあちこちで春の息吹を感じるこの頃。
上高地・乗鞍・乗鞍高原・美ヶ原高原など信州の
高原は深い眠りから覚め春の装いに変わってきて
います。

上高地、槍、穂高連峰
日本の代表的な山岳景勝地である上高地。標高1500b
の上高地は気温はまだ低く、特に朝晩の寒さは氷点下に
なるときもあります。静かな遊歩道には、上高地で越冬した
ゴジュウガラやヒガラの声も聞こえます。
上高地の春はそこまでやってきています。

乗鞍高原
乗鞍岳の東に広がる乗鞍高原は雪解けとともに芽吹きが
始まりフキノトウ、クレソン、ミズナ、ワサビなどの山菜が
次々に顔を出します。
水芭蕉の開花は4月下旬ごろです。

奈川高原
野麦峠を通じて岐阜県と接する奈川高原は、5月の連休頃
からシラカバ、カラマツなどの芽吹きが始まります。山菜の
季節を迎え、多くの観光客も待っていたかのように山に
入ります。

高原の春は遅いですが、平地では感じられないさわやかな
空気が一層心を落ち着かせてくれるでしょう。

これからがシーズンの信州の山々、高原は多くの観光客を
迎える準備をしています。

2016年04月10日

5月の陽気に

今日は静かな日曜日を迎えています。
昨日はというと5月下旬の陽気だったそうで松本の桜は
満開!見ごろを迎えました。いろいろなところでお花見
が行われ、短い桜の花を楽しんでいるようでした。

我が家の近所では弘法山と薄川沿いの桜が満開となり
私も朝の8時に弘法山の桜を楽しみました。なぜ8時かと
言いますと花粉症でかかりつけのクリニックが弘法山の
すぐ下にあるからです(笑)

DSC_0858.jpg

これは弘法山の裏なのですが華やかな桜の後ろで満開の
菜の花と緑、山桜がきれいだったので撮ってみました。
午後には孫と松本空港横の公園に遊びに行きました。
隣ではサッカーの試合も行われ、時々大きな歓声が聞こえる中
離陸する飛行機と桜もきれいでした。今までに何色もの機体を
見ましたが今日のシルバー私は初めましてです。

              DSC_0838.jpg

サッカー観戦やお花見など多くの家族連れでにぎわい、離陸
する飛行機の爆音に戸惑いながらも近くで見ようとカメラを
片手に移動する姿も見られました。
ようやくやってきた春に普段なかなか一緒に遊ぶことができない
孫とゆっくりと過ごしました。

2016年04月07日

松本歩き

待ちに待って咲いた桜ですが今日は雨です。
しかも一日中・・・。
満開の松本城はどうでしょうか・・・花弁は無事でしょうか。
5分咲きの薄川沿いは結構頑張って咲いていました。

桜を見ながらの松本の街は、ぶらぶらするのにちょうど
良いサイズの街なのです。歩いて感じる歴史の街。
見逃しがちな路地の奥にも情緒を感じられる松本の街。

あふれる井戸水は「城下町湧水群」として平成名水百選
に選定。市内の随所にある井戸には観光客が手を洗ったり
喉を潤したりしている光景が見られます。
地元の魅力を知り尽くした「まちなか観光ボランティアガイド」
の方がご案内します。(要予約)

桜の花びらが水もに浮かぶさまも素敵ですね。今に時期しか
感じられない松本の街歩きを是非どうぞ。

2016年04月06日

松本の土産

ようやく春が来たって感じの松本です。桜満開✿
観光客も増えはじめました。

信州を代表するお土産はたくさんあります。食材、特産品
の数々。懐かしい郷土の味や昔ながらの伝統工芸品は
人気のお土産です。

ワイン
朝と夜の気温差が大きい松本はブドウの品質も良く
美味しいワインがあります。松本で収穫されたブドウで
作ったワインは評判も良いです。市内には2か所の
ワイナリーがあります。

清酒
アルプスの伏流水や厳しい寒さを活用した地酒も観光客
には人気のお土産です。蔵元によって個性のある日本酒
が楽しめます。

信州みそ
米こうじと大豆で作る淡色辛口の米味噌は、光沢のある
山吹色と特有の香りと風味があり人気です。味噌蔵が
随所にあり店ごとにこだわりを持って作っています。

松本のお土産はまだまだありますが、個人的には親戚が
喜ぶ信州みそがおススメです。

2016年04月05日

桜咲きました

方々で桜が開花し始めました。通勤途中のすすき川
堤防は濃いピンクのつぼみが開きかけています。

今日、屋上に上がってみたら弘法山古墳の桜も少し
咲き始め、遠くにうすピンクの山が見えました。すでに
ぼんぼんがつる下げられ約4000本の桜が咲くと多くの
花見客でにぎわいます。
頂上からは東に鉢伏山、西には北アルプスが展望でき
素晴らしい景色が見られます。

そんな中塩尻市金井のみどり湖水芭蕉公園では10日、
「水芭蕉まつり」を開催します。
午前9時〜午後3時まで。甘酒やドリップコーヒーを振る
舞うほか、バンドやコーラスのコンサートを行います。
また、水芭蕉の苗の販売もあります。

桜の開花と共に一緒に咲くさまざまな春の花。
お祭りやイベントで盛り上がる地域の小さな春も見逃さず
ようやく来た春を楽しみましょう。

2016年04月02日

松本散策

ようやく桜が咲き観光客も増えてきました。春はどこに
行っても花が見られます。もちろん桜もですが、信州は
梅や桃、杏子などがほとんど一緒に見られるところが
多いと思います。
また、路肩のツクシやタンポポも見逃さないでくださいね。

今の時期の松本は桜の花と一緒に歴史の街を散策
することができます。時代を物語る建物とさくらはとっても
良くマッチします。

重要文化財 旧松本高等学校
北杜夫著の「どくとるマンボウ青春記」の舞台ともなり
大正時代に建てられた洋風校舎は当時の面影を今に
伝えます。「旧制高等学校記念館は、明治以降多くの
人材を輩出した旧制高等学校の教育と精神を伝え、ます。

ここは市民の憩いの場となっていて、休日ともなれば多くの
人でにぎわいます。特に桜の時期は建物が一層映えて
素晴らしいと思います。

 

Copyright c 2016 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb