松本のホテルは松本ウエルトンホテル
長野県松本市渚2-4-5

2016年04月15日

春の行事

春になり各地で様々な行事が行われています。
桜前線も北信へとかわり長野市や須坂市、中野市
方面が見ごろを迎えている様子。

昨夜より始まった松本重要無形民俗文化財である
「鳥居火」は16日までの3日間行われます。
松本平に本格的な春の訪れを告げる伝統行事です。

地区は以前私が20年暮らした松本市島内。
鳥居火は古来「島八個の鳥居火」といわれて村人たち
から仰がれていて、島内区の大宮神社・武宮神社を
氏子として祭る高松、北中、南中、青島、など八つの村の
代表として「町区」「東方区」「北方区」の区民が、毎年
例祭を行う前の4月14日、15日、16日の三夜にわたり
行う神事です。

鳥居火山でたいまつを各自手に持って産土神から氏子
たちが一望できるように、鳥居の形と「上」や「一」など
それぞれに祈りを込めた文字を描きます。

ホテルからはちょうど真横に位置しますので見ることは
出来ませんが、京都の大文字焼きのようで、春の夜空を
飾ります。
これを見ると春になったな・・・と感じられ農作業の準備など
農家の方々は忙しくなります。

今夜と、明日もありますのでどこかで見られることがあると
良いですが。

松本のホテル
ご予約・お問合せは 0263-27-3000


 

Copyright c 2016 松本ウエルトンホテル All Rights Reserved Powered by geniusweb